ネット・SNS・アプリ

災害時のSNSによる情報爆発のメリットとデメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
災害時,SNS

大規模な災害が発生すると、通信インフラの損傷や通信規制で電話回線がつながりにくくなり、スマートフォン、携帯電話、固定電話による通話は困難になります。

一方で、インターネットは、電話と比較すると災害発生時にも利用できることが多いものです。

実際、東日本大震災や熊本大地震では、電話回線がつながらなくなった状況下、多くの人がインターネットを利用して家族との連絡や安否確認、避難場所の確認、災害情報の取集、救助要請などを行いました。

特に利用者が多かったのがソーシャルメディア、その中でもFacebook、LINE、Twitter、Instagram、mixiなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)です。

SNSは、スマートフォンやタブレット端末とインターネット環境があれば、誰でも手軽に情報発信・収集ができます。

そのため、テレビやラジオといった既存メディアとともに、災害発生時に一定の役割を担うツールとして注目されるようになっています。

一方で、SNSならではのデメリットも取り上げられるようになっています。

この記事では、災害時のSNSによる情報爆発のメリットとデメリットについて紹介します。

そもそも、災害時にSNSは使えるの?

被災者から、災害発生時の情報発信・収集について話をお聞きすると、「災害発生時、電話が極端につながりにくくなった一方で、インターネットは、スマートフォンから比較的問題なく利用できた。」という声がたくさん挙がってきます。

電話と理由は、電話とスマートフォンによるインターネットの仕組みの違いです。

携帯電話の仕組み

  1. 携帯電話から電話をかける
  2. 最寄りの無線基地局のアンテナが受信
  3. ケーブルを通って複数の交換機を経由する
  4. 相手の携帯電話の最寄りの無線基地局のアンテナから電話がつながる
  5. 電話がつながっている間は、1つの回線を独占する

通信会社は、日常の通信であれば十分にまかなえるだけの回線数を確保しています。

しかし、災害発生時は、アクセスが急増して回線数を上回ることがある上に、警察や消防の通信の確保を優先する通信規制が行われるため、電話がつながりにくくなります。

スマートフォンによるインターネット利用の仕組み

スマートフォンによるインターネットは、情報を細かく分割して伝送します(パケット通信)。

また、ルートの混雑具合によって、分割された情報が別々のルートで伝送されることもあります。

加えて、ネットワークが張り巡らされているため、回線がパンクして利用できなくなる状況に陥りにくいのです。

災害用統一SSID「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」

それでも、無線基地が停電するといった被害を受けると、スマートフォンでインターネットが利用できなくなることがあります。

こうした状況に備えて、日本では00000JAPANという取り組みが始まっています。

00000JAPANとは、大規模災害発生時に、契約している通信キャリアに関わらず、誰でも無料に利用できる災害用の統一ネットワークです。

2011年3月11日に発生した東日本大震災において、破損した通信網の復旧に約1ヶ月を費やし、被災者の安否確認や連絡に大きな影響が出たことを教訓にして始められた取り組みです。

00000JAPANに取り組んでいるのは、公衆無線LANを提供する事業者等が加盟する無線LANビジネス推進連絡会(WiBiz)です。

引用:防災ノート

以上のことを踏まえると、災害発生直後はともかく、SNS(インターネット)を使った情報発信・収集を行うことができると考えて問題はないでしょう。

ただし、万が一の場合もあるため、インターネットが利用できない場合の情報収集手段を確保しておくようにしてください。

関連記事

災害時の情報収集に役立つ防災グッズやWebサービスは?

災害時におけるSNS活用のメリットとデメリット

SNSとは、インターネット(Web)上における個人のコミュニケーションを促し、社会的ネットワークを築く支援をするサービスの総称です。

social networking serviceの略語です。

SNSは、その特性上、災害発生時の連絡や情報発信・収集に大きな役割を果たす反面、デマや誤情報の発信・収集などの課題も抱えています。

災害時におけるSNS活用のメリット

災害時におけるSNS活用のメリットは、情報発信・収集の迅速さ、量の多さ、つながりやすさです。

安否、被害状況、避難状況、避難所の状況、二次災害の危険、支援物資を得られる場所などをリアルタイムで発信・収集できるため、より安全に避難したり避難生活を送ったりするために役立ちます。

また、電話回線がつながりにくい状況でも、インターネット回線を利用することで、Facebook、LINE、Skypeで電話をかけることもできます。

さらに、#(ハッシュタグ)機能を利用すれば、特定のテーマに関する投稿を検索して一覧表示できるため、手軽に必要な情報だけを発信・収集することも可能です。

例えば、救助が必要な場合に、Twitterで「#救助」を使って救助要請を行うことで、救助隊に発見してもらいやすくなります。

これまで災害発生時の主な情報源であったテレビやラジオは、得られる情報が限定されていることが常に課題として指摘されていました。

SNSは、より地域に密着した、また、より個人のニーズに応じた情報を発信・収集できるツールであり、テレビやラジオの役割を補うことができるものです。

災害時におけるSNS活用のデメリット

SNSの特徴である、情報発信・収集が迅速かつ大量に行えることは、時としてデメリットにもなり得ます。

デメリットの最たるものが、悪質なデマや誤った情報の発信・収集と拡散です。

例えば、Twitterの場合、フォローしていない人のツイートでも、閲覧制限がかかっていない限り自由に読むことができますし、情報が有益だと感じればリツイートによって拡散することもできます。

つまり、情報の信頼性や重要度に関わらず、個人が「有益でみんなに伝わるべき情報」だと思えば、その情報に基づいて行動したり、リツイートによって拡散されたりすることがあるのです。

また、救助要請の必要性が高くないのに、Twitterで救助要請する場合の#(ハッシュタグ)である「#救助」を使用して大量のツイートを行い、救助隊を混乱させるという悪質な行為も少なくありません。

Twitterに関わらず、実際には被害に遭っていないのに、遊び感覚で「家に閉じ込められて出られない。」、「足を怪我して動けない。」などと投稿して読み手の不安をあおったり、被災者の誹謗中傷を投稿したりする人も後を絶ちません。

災害時におけるSNS活用のデメリットを減らすには

今後、災害時におけるSNSの役割はより大きくなることが予想される中、SNS活用のデメリットを減らすことが大きな課題の1つになっています。

重要視されているのが、ネットリテラシーの向上です。

ネットリテラシーとは、インターネットを適切に使いこなすための能力です。

災害時に関していえば、インターネット上の情報の信頼性や重要度を見極めて必要な情報を選ぶことや、デマや誤情報といった不適切な情報を発信・収集しないことです。

例えば、Twitterの場合、ツイートの情報を鵜呑みにせず、ツイートしたアカウントを確認したり、政府機関や公的団体が発信した情報と照らし合わせたりして、情報の信頼性や重要性を十分に吟味することが大切です。