津波

津波注意報、津波警報、大津波警報とは?基準ととるべき行動は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
津波注意報 津波警報 大津波警報 基準 とるべき行動

津波は、一瞬で大勢の人の命を奪い、家や車などの財産に壊滅的な被害を与える災害です。

地震が起きてパニックになっている状況下で押しよせる場合が多い上に、人が走るよりも早く伝わるので、津波が見えてから避難したのでは手遅れになってしまいます。

迅速かつ適切な避難行動をとるためには、気象庁が発表する津波注意報や津波警報の意味ととるべき行動を正しく理解しておくことが欠かせません。

この記事では、津波の概要、気象庁の津波注意報、津波警報、大津波警報の発表基準ととるべき行動について紹介します。

津波とは

津波 波高 速度

引用:気象庁|津波発生と伝播の仕組み

津波とは、地震や火山活動などで海底の地形が急変することによって起こる、巨大な波の伝播現象です。

海底で大規模な地震や火山活動が起こると、断層の活動によって海底が大きく隆起・沈降し、その結果、海面が大きく盛り上がったり沈み込んだりして、巨大な波になって四方に広がっていくのです。

津波は、水深が深いほど早く伝わり、水深が浅くなるにつれてゆっくり伝わる性質がありますが、ゆっくりと言っても人が全力疾走するよりもはやい速度で陸地に押し寄せるので、間近に近づいてから避難するのでは手遅れです。

また、発生当時は波高が低くても、陸地に近づくにつれて、後ろの波が前の波に追いついて波高が巨大になり、堤防を軽々と乗り越えることも珍しくありません。

さらに、波長が異常に長い(数百kmに及ぶこともある)ため、押し寄せる海水の量は通常の波の比ではなく、津波が押し寄せた地域がしばらく水没したり、引き波で家屋屋などが根こそぎ引き込まれたりして、甚大な被害をもたらします。

たとえ、30cm程度でも人を軽々と巻き込んで押し流しますし、50cm程度になると車を簡単に押し流します。

津波注意報、津波警報、大津波警報とは?発表基準は?

津波に関する警報や注意報には、津波注意報、津波警報、大津波警報の3種類があります。

気象庁は、地震発生時、地震の位置や規模を推定して予想される津波の高さを算出し、津波による災害が予想される場合には、予想される津波の高さに応じて津波注意報、津波警報、大津波警報を発表します。

津波注意報などは、地震発生から3分程度で、津波予想区ごとに発表されることになっています。

津波注意報とは

津波注意報とは、20cm以上1m以下(0.2m≦予想される津波の高さ≦1m)の津波が予想される場合に発表される、津波の注意報です。

予想される津波の高さが30cmでも90cmでも、20cm以上1m以下であれば「1m」と発表されます。

20cm以上1m以下の津波では、海中にいる人が波に飲み込まれたり、小型船舶が転覆したりする被害が予想されます。

津波警報とは

津波警報とは、1mを超え3m以下(1m<予想される津波の高さ≦3m)の津波が予想される場合に発表される、津波の警報です。

予想される津波の高さが1m50cmでも2メートル80cmでも、1メートルを超えて3m以下であれば「3m」と発表されます。

ただし、マグニチュード8を超える巨大地震が発生した場合、地震規模について正しい情報が把握できるまでは「高い」とだけ発表され、具体的な数値は発表されない運用になっています。

1mを超え3m以下の津波では、標高が低い陸地に津波が押し寄せて浸水被害が発生し、その地域にいた人や車、自転車などは巻き込まれてしまいます。

大津波警報とは(旧津波警報(大津波))

大津波警報とは、3mを超える津波が予想される場合に発表される、津波の特別警報です。

大津波警報の中でも、津波の高さによって3種類に分類されています。

  • 3mを超え5m以下(3m<予想される津波の高さ≦5m):発表は「5m」
  • 5mを超え10m以下(5m<予想される津波の高さ≦10m):発表は「10m」
  • 10mを超える(10m<予想される津波の高さ):発表は「10m超」

ただし、マグニチュード8を超える巨大地震が発生した場合、正確な地震規模が分かるまでは「巨大」とだけ発表され、具体的な数値は発表されない運用になっています。

3メートルを超える津波では、低い堤防を越えて津波が押し寄せ、木造家屋が全壊して押し流され、人は一瞬で巻き込まれます。

大津波警報は、以前、津波警報(大津波)として発表されていた区分が、2013年3月に名称が変更されたものです。

また、2013年8月に特別警報の運用が開始された後、大津波警報は特別警報の一つに位置づけられることになっています。

関連記事

特別警報とは?特別警報の種類と発表時に取るべき行動は?

予想される津波の高さが20cm未満(予想される津波の高さ≦0.2)の場合

予想される津波の高さが20cm未満(予想される津波の高さ≦0.2)の場合は、津波注意報や津波警報は発表されず、津波予報が発表されます。

津波予報とは、地震発生後の津波によって災害が発生する恐れがない場合に、津波に関する情報を伝える仕組みです。

津波の心配がない場合は、地震情報で「津波の心配はありません」などと発表され、20cm以下の津波が発生した場合は、「津波による被害の心配はなく、特別な対応は必要ありません。」などと発表されます。

また、津波注意報が解除された後も海面の変動が続く場合は、「津波による海面変動が観測され、この後も続く可能性が高いので、海の中での作業などは十分に留意する必要があります。」などと発表します。

津波情報とは?津波注意報、津波警報、大津波警報とは違う?

津波情報とは、津波注意報、津波警報、大津波警報などが発表された場合に、予想される津波の高さや津波の到達予想時刻などを発表するものです。

津波情報として発表される主な情報は、以下のとおりです。

  • 津波の到達予想時刻
  • 予想される津波の高さ
  • 各地の満潮時刻
  • 沿岸で津波を観測した時刻や津波の高さ
  • 沖合で津波を観測した時刻や津波の高さ

津波注意報、津波警報、大津波警報の発表時に「とるべき行動」

津波発生時にとるべき行動の原則は、以下のとおりです。

  • 地震の揺れが長い場合は、津波が発生する可能性を考えて、迅速に避難を開始する:津波に気づいてからでは手遅れになることがある
  • できるだけ高いところへ避難する沿岸部の地形などで予想以上の高さの津波がやってくる可能性がある
  • 津波注意報、津波警報、大津波警報が解除されるまでは避難を止めない:津波は長時間にわたって何度もやってくる

原則を踏まえて、津波注意報、津波警報、大津波警報が発表された場合にとるべき行動を具体的に見ていきましょう。

津波注意報が発表された場合にとるべき行動

津波注意報が発表されるレベルの津波であれば、陸地に侵入してくる恐れはほぼありません。

しかし、海の中や海岸などで津波に巻き込まれると、たとえ数十cm程度の津波であっても、簡単に波に巻き込まれて流されてしまいます。

そのため、海の中、海岸、沿岸部にいる場合はすぐに離れ、津波注意報が解除されるまで近づかないことです。

津波警報が発表された場合にとるべき行動

津波警報が発表されるレベルの津波の場合、標高が低い地域に侵入して浸水被害が発生し、逃げ遅れた人や車などが波にのまれて流されてしまう恐れがあります。

標高が低い地域、特に川沿いや沿岸部にいる場合は、津波警報の発表を見聞きしたらすぐ避難行動を開始し、できるだけ高い場所へ避難する必要があります。

津波は何度も押し寄せる可能性がある上、浸水地域では一定時間は水が引かないため、津波警報が合い序されるまでは避難場所で待機することになります。

大津波警報が発表された場合にとるべき行動

大津波警報が発表されるレベルの津波の場合、木造家屋が全壊して流され、逃げ遅れた人はいとも簡単に波に巻き込まれて押し流されます。

東日本大震災発生時に発生した津波をイメージすると分かりやすいでしょう。

川沿いや沿岸部にいる人は、大津波警報を発表を見聞きしたら、すぐ、できるだけ高い場所へ避難する必要があります。

津波は、沿岸部の地形などによって予想よりも高くなることがあるため、「ここなら絶対に大丈夫」と安心せず、可能な限り高い場所へ移動しましょう。

参考:気象庁|津波警報・注意報、津波情報、津波予報について