防災の資格と仕事

自衛隊の災害派遣とは?災害時の活動と役割、要請の方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
自衛隊 災害派遣 要請 活動

災害発生時に活躍する仕事の一つが自衛隊です。

被災地で自衛隊が活動する様子をニュースなどで見たことがある人は多いと思いますが、自衛隊がどのような根拠で被災地へ赴き、具体的にどのような活動を行っているか知っていますか?

この記事では、自衛隊の災害派遣の根拠と種類、活動と役割について紹介します。

自衛隊とは

自衛隊とは、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊で構成される、防衛相が管轄する日本の防衛組織です。

「我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たる(自衛隊法第3条第1項)」ことを目的として設立されました。

自衛隊は、自衛隊法に基づいて幅広い分野で活動しており、災害派遣や国際平和協力活動もその一つです。

自衛隊の災害派遣とは

災害派遣とは、自衛隊法第83条に基づいて、地震、洪水、津波、台風などの災害や原子力事故の発生時などに、自衛隊を救護救援に派遣することです。

災害派遣の根拠と種類

自衛隊法には、3つの種類と枠組みが定められています。

  • 災害派遣
  • 地震防災派遣
  • 原子力災害派遣

災害派遣

  • 根拠となる法律:自衛隊法第83条

災害派遣とは、自然災害などの災害発生時における一般的な災害派遣で、後で紹介する地震防災派遣や原子力災害派遣以外のものです。

災害派遣では、原則として、「防衛大臣またはその指定する者」が、都道府県知事などの災害派遣要請に基づいて、自衛隊を派遣するかどうか判断します。

ただし、緊急を要する場合には、例外的に、都道府県知事などの要請を待たずに自衛隊の部隊などが派遣されることもあります。

また、市町村長は、通常は都道府県知事に災害派遣要請をするよう求めることになりますが、知事に要求できない事情がある場合は、直接、防衛大臣に状況を通知し、災害派遣を促すことがあります。

地震防災派遣

  • 根拠となる法律:自衛隊法第83条の2、大規模地震対策特別措置法第13条第2項

地震防災派遣とは、大規模地震対策特別措置法に基づいて警戒宣言が出された場合における、地震災害警戒本部長の要請による災害派遣です。

現時点では、派遣実績はありません。

原子力災害派遣

  • 根拠となる法律:自衛隊法第83条の3、原子力災害対策特別措置法第20条第4項

原子力災害派遣と歯、原子力災害特別措置法に基づいて原子力緊急事態宣言が出された場合における、原子力災害対策本部長の要請による災害派遣です。

2011年3月11日、東日本大震災によって発生した福島第一原子力発電所の事故対応を目的として、原子力災害派遣が行われています。

災害時における自衛隊の活動と役割

災害時における自衛隊の活動内容は非常に幅広く、求められる役割も多岐にわたります。

災害派遣における自衛隊の主な活動と役割は、以下のとおりです。

  • 行方不明者の捜索・救助
  • 負傷者の応急治療、救急搬送
  • 消火支援
  • 水防
  • 給水支援
  • 物資輸送
  • 生活支援
  • 損壊した施設の復旧
  • インフラ設備の応急復旧
  • 慰問活動
  • 害獣や家畜への対応

自衛隊の活動と役割:行方不明者の捜索・救助

行方不明者の捜索や救助を行います。

ただし、本来、災害現場における捜索や救助を専門に行うのは消防隊であり、消防隊の手が足りないことが明らかな場合に自衛隊が連携・協力することになります。

自衛隊の活動と役割:負傷者の応急治療と救急搬送

災害現場で医師や医療関係者が不足している場合などに、負傷者の応急的な治療を行います。

また、ケガや病気で緊急治療が必要な被災者については、ヘリコプターなどで医療設備が整った病院に搬送する活動を行います。

自衛隊の活動と役割:消火活動

ヘリコプターからの空中消火などを行います。

福島第一原子力発電所の事故対応の一環として、空中消火活動が行われている様子をニュースで目にした人は多いでしょう。

自衛隊の活動と役割:水防

水防とは、水害による堤防の越水、漏水、決壊を防止するための応急工事のことです。

津波、洪水、高波、高潮、河川の氾濫などのおそれがある場合に行われます。

自衛隊の活動と役割:給水支援

災害発生時の給水を支援する活動です。

給水車やトレーラーを使って被災者に対する給水活動を行います。

自衛隊の活動と役割:物資輸送

避難生活に必要な食料、水、生活用品などの物資を輸送する活動です。

航空機や自衛隊車両によって、被災者のニーズに応じた支援物資を輸送しています。

自衛隊の活動と役割:生活支援

炊き出し、トイレ車両、仮説入浴施設の設置など、被災者の生活を助ける活動を行います。

自衛隊の活動と役割:インフラ設備の応急復旧

災害の被害を受けた道路や堤防の応急的な復旧作業や障害物の除去などを行います。

自衛隊の活動と役割:慰問活動

自衛隊の活動は、被災者の心のケアも含まれています。

自衛隊の音楽隊による被災地演奏は、その代表的なものです。

自衛隊の活動と役割:害獣や家畜への対応

害獣や伝染病に感染した家畜のさっ処分やその支援などを行うこともあります。

平時における自衛隊の防災活動

自衛隊は、平時においても様々な防災活動を行っています。

例えば、自衛隊独自の防災訓練を実施したり、各地域自治体などが主催する防災訓練に参加したりすることで、災害発生時に迅速で適切な対応ができるよう備えています。

また、平時から、大規模地震の発生に備えて対処計画を作ったり、各地域自治体との連携強化を図ったりしています。

災害派遣に対する批判

災害派遣については、批判的な意見も少なくありません。

災害派遣による活動が、ゆくゆくは治安出動や防衛出動に活用される危険がある、防衛を本務とする自衛隊が災害対応の主な担い手のにあるのはおかしいといったことは、以前から指摘されています。

また、災害派遣要請から自衛隊が被災地に到着して活動開始するまでの時間が長い、人命救助能力が低い、被災者の食料を食いつぶしている、迷彩服に違和感を覚えるといった批判も後を絶ちません。

しかし、災害派遣は、災害発生時の人命救助や生活支援、インフラ復旧などに一定の効果を上げていますし、災害派遣によって命を救われた人や、必要な支援物資を得られた人もたくさんいるのは事実です。

参考:防衛省・自衛隊:ここが知りたい:各種災害への対応について