防災の基礎知識

災害用伝言ダイヤル171とは?使い方・利用方法と料金は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
災害用伝言ダイヤル,171,使い方,利用方法,料金

スポンサーリンク

大規模な災害が発生すると、安否確認などのために被災地への電話が集中し、結果、電話がつながりにくくなってしまいます。

そうした状況下において、最低限の安否確認や居場所などを確認するためのサービスが災害用伝言ダイヤル(171)です。

災害時伝言ダイヤルは、阪神・淡路大震災発生時、被災地への電話がつながりにくい状態が5日間も続いた反省から開発され、1998年のサービス提供開始以降、災害発生時には欠かせないサービスの一つとなっています。

この記事では、災害用伝言ダイヤルの概要と利用方法について紹介します。

災害用伝言ダイヤル(171)とは

災害用伝言ダイヤルとは、大規模災害の発生時に利用することができる、電話を使用した音声による伝言板システムです。

災害用伝言ダイヤルは、NTTコミュニケーションズが提供するサービスの一つで、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)と西日本電信電話株式会社(」NTT西日本)が運営しています。

大規模な災害が発生すると、安否確認などの電話が被災地に集中し、電話が繋がりにくくなります。

こうした状況下で災害用伝言ダイヤルの提供が開始されることで、スムースに安否確認などの作業を行うことができるようになります。

災害用伝言ダイヤル(171)の使い方・利用方法

災害用伝言ダイヤル(171)の使い方・利用方法を見ていきましょう。

災害用伝言ダイヤルを利用できる電話

災害用伝言版ダイヤルを利用できる電話は、以下のとおりです。

  • NTT加入電話
  • INSネット(NTTが提供する公衆電話網を利用したデジタル通信サービス)
  • 公衆電話
  • ひかり電話
  • 災害発生時にNTTが設置する災害時用公衆電話
  • 携帯電話・スマートフォン・PHS

INSネットとひかり電話を利用していても、ダイヤル式電話を使用している場合は災害用伝言ダイヤルを利用できません。

また、携帯電話やスマートフォンは、契約会社によっては利用できないことがあるため、事前確認が必要です。

災害用伝言ダイヤルが利用できる条件

災害用伝言ダイヤルが利用できるのは、大規模な災害が発生し、被災地への電話が集中して繋がりにくくなった状況です。

サービス提供の判断、提供する範囲、運用条件の設定などは、NTTが災害の状況等を考慮して行い、テレビ、ラジオ、ネットなどのメディアを通して周知することになります。

これまでサービスが提供されたのは、大地震、台風、集中豪雨などが発生し、電話がつながりにくい状態が長引くことが予想される場合などで、災害発生時から30分~1時間程度で利用可能になることが多くなっています。

平時には利用できない

災害用伝言ダイヤルは、大規模災害発生時に被災地への電話が集中して繋がりにくくなった状況下で提供されるサービスであり、、平時は利用できません。

ただし、以下の日時には、災害用伝言ダイヤルを体験利用できるようになっています。

  • 1月1日の午前0時(0時)~1月3日の午後12時(24時)
  • 毎月1日と15日の午前0時~午後12時
  • 防災週間(8月30日の午前9時~9月5日の午後5時)
  • 防災とボランティア週間(1月5日の午前9時~1月21日の午後5時)

他にも、防災訓練の一環として一時的に使用できることもあります。

なお、体験利用期間中に大規模災害が発生した場合は、利用できなくなることがあります。

災害用伝言ダイヤルが利用できる電話番号

大規模災害発生時、全国的にサービスが提供されるのではなく、NTTが災害の発生場所や電話の繋がりにくさなどを考慮して災害用伝言ダイヤルサービスが利用できる電話番号を決めます。

通常は、被災した都道府県にある固定電話の番号、携帯電話・スマートフォン・PHS・IP電話の電話番号で利用できるようになりますが、災害の状況によって異なる条件指定がされることもあります。

災害用伝言ダイヤルの使い方・利用方法

サービスを利用できる電話から「171」とダイヤルし、音声ガイドに従って伝言の録音・再生を行います。

伝言を録音する方法

  1. 171とダイヤルする(音声ガイドの内容は「こちらは災害用伝言ダイヤルセンターです。」)
  2. 1をダイヤルする(音声ガイドの内容は「録音される方は1、再生される方は2、暗証番号を利用する録音は3、暗証番号を利用する再生は4をダイヤルしてください。」)
  3. ①被災地にいる人は「自宅の電話番号」、②被災地にいる人と連絡をとりたい人は「被災地にいる人の電話番号」を市外局番から入力する
  4. 伝言を残す(30秒以内)
  5. 電話を切る

4.の後、「伝言を繰り返します。訂正される時は数字の8を押してください。」という音声ガイドが流れますが、電話を切っても録音はされています。

なお、暗証番号を利用する録音で伝言を残す方法は、セキュリティー面からは安心ですが、実際の利用者からは「暗証番号が分からず伝言を再生できなかった。」という声が多数寄せられています。

平時から家族などと暗証番号を決めている場合以外は、通常の録音方法にしておくのが安心です。

伝言を再生する方法

  1. 171とダイヤルする
  2. 2をダイヤルする
  3. ①被災地にいる人は「自宅の電話番号」、②被災地にいる人と連絡をとりたい人は「被災地にいる人の電話番号」を市外局番から入力する
  4. 伝言が再生される(伝言が複数ある場合は、新しい伝言から再生される)
  5. 「伝言が録音された日時」が音声ガイドで流れる
  6. 「お伝えする伝言は以上です。」という音声ガイドが流れたら、電話を切る

伝言の条件

  • 録音時間:30秒/件
  • 保存期間:録音から48時間で自動消去
  • 伝言可能件数:電話番号1つあたり1~10件(サービスを提供する電話番号の数によって変わる。)

災害用伝言ダイヤルの料金

災害用伝言ダイヤルセンターの利用は無料です。

通話料については、NTTの電話サービスを利用している場合は無料ですが、その他の通信事業社を利用している場合は料金が発生することもあります。

スポンサーリンク