防災ノートについて

スポンサーリンク

防災ノートへようこそ。

防災ノートについて

日本は、地震、津波、台風、洪水、火事など災害の多い国です。

地震だけを見ても、ここ20数年くらいの間に、阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震をはじめ無数の地震が発生し、多くの被害者を生んでいます。

自然災害の威力は驚異的で、現在の科学力では予測が難しく、防災も十分にできないところもたくさんあります。

また、火事などの災害も一年中どこかで発生してしまいます。

しかし、災害や防災に関する正しい知識を持ち、被災した時のことをイメージして備えておけば、被害をなくすもしくは減らすことができます。

防災ノートでは、今後起こりうる災害に備え、被害をできるだけ少なくできるよう、災害や防災に関する情報・ノウハウを紹介しています。

少しでも、訪問していただいた方のお役に立てれば幸いです。

防災ノートにおける「防災」について

辞書で防災を調べると、「災害を防ぐこと」や、「災害(地震をはじめとする異常な自然現象や、大規模な火事・爆発などのこと)の発生機構を明らかにして、人の命や財産の安全を図ることを目的とした対策」と書かれています。

また、災害対策基本法第2条第2号には、「(防災とは、)災害を未然に防止し、災害が発生した場合における被害の拡大を防ぎ、及び災害の復旧を図ること」と定義されています。

いずれも、国や地方自治体といった大きな組織の活動を意識した内容です。

しかし、防災ノートは、個人や家族の防災を紹介するサイトです。

そのため、辞書や法律の意味は意識しつつ、「災害による被害をできるだけ減らすための備えや、被災時に個人や家族、周りの人を守るための適切な対応」という意味で「防災」という言葉を使用しています。

被災された方の声の募集

実際に被災された方の経験は、災害や防災を知る上でとても重要な情報です。

しかし、被災された方の経験が社会の中で共有され、防災に役立てられているとは言えないのが現状です。

被災された方の中には、「被災時のことを思い出したくない。」という人がおられるのは事実です。

一方で、被災された方とお会いする中で、「被災経験を伝えようとしても、発信する場がない。」、「ブログで発信してみたが、月に数十人しか見てもらえない。」という声もたくさん耳にしました。

そこで、防災ノートでは、被災された方の声を募集しています。

被災された時の状況、避難生活の様子、被災者としての気持ち、避難所で役に立った物役に立たなかった物など、内容は問いません。

防災ノートに、自分の経験を発信したいとお考えの方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

被災地の写真の募集

災害の怖さや防災の重要性は、文章を読むだけでなく、被災地の写真を見て初めて伝わるところもあると思っています。

私自身、被災地を訪問して初めて気づくところがたくさんありました。

そこで、防災ノートでは、被災地の写真を募集しています。

被災地を撮影した写真を防災ノートに掲載したいとお考えの方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

被災された方、被災地を訪問された方、被災地でボランティア活動をされていた方など、撮影された方の属性は問いません。

ただし、個人が特定できる人や物が映った写真は、プライバシーの関係上、掲載できないことがあります。

あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー

防災ノートのプライバシーポリシーは、こちらをご覧ください。

スポンサーリンク