災害を知って、備えて、生き抜く!

防災とは何か?意味と定義、防災に取り組む意味と取り組み方は?

防災,地震,津波,避難

東日本大震災以降、テレビやネットで防災という言葉を見聞きする機会が増え、防災に関心を持つ人が増えてきました。

しかし、防災の講義で「防災とは何か。」、「何のために防災に取り組むのか。」と聞くと、はっきりと答えられない人が少なくありません。

まずは防災に関心を持つことが大切ですが、何となく防災グッズを揃えたり防災のセミナーに参加したりするだけでは、実際に災害が発生したときに役に立つ心構えや知識が身につきません。

防災は、取り組む意味を理解して、自分や家族のために何が必要かを考えて実践することが何より重要なのです。

この記事では、「防災」とは何か、防災に取り組む意味、防災への基本的な取り組み方について解説します。

防災とは何か(防災の意味と定義)

防災とは何でしょか。

辞書で「防災」の意味を調べてみると、以下のとおり定義されています。

災害を防ぐこと

引用:大辞林第3版

台風・地震・火事などの災害を防ぐこと

引用:デジタル大辞泉

百科事典ではどのように定義されているでしょうか。

自然現象による災害から、人間の行為による災害、および住宅内における日常災害まで、種々の災害があるが、それぞれの災害の発生機構を明らかにし、人命および財産の安全を図ることを目的として対策を行うことの総称

引用:日本大百科全書

行政は「防災」の意味をどのように捉えているでしょうか。

行政における「防災」の定義は、災害対策基本法に規定されています。

災害を未然に防止し、災害が発生した場合における被害の拡大を防ぎ、及び災害の復旧を図ること

(災害対策基本法第2条第2号)

以上、辞書、百科事典、法律のいずれも、国や地方自治体など大きな組織が行う災害対策に関する説明がなされています。

では、私たち個人や家族にとっての「防災」とはどのようなものでしょうか。

これは一律に定義することは困難ですが、通常は、以下のような意味で「防災」が用いられています。

  • 「災害による被害をできるだけ減らすための備え」
  • 被災したときに「自分や家族、周りの人の命を守るための適切な対応」

例えば、地震や津波に備えて防災グッズや災害備蓄品を買っておくことが防災であり、家族で被災時の避難経路を確認しておくことや、地域の防災訓練に参加することも、個人や家族にとっての防災です。

防災に取り組む意味

「いつ起こるか分からない災害のために備えるなんてばからしい。」、「備えていても備えていなくても、災害に巻き込まれてしまえば同じ。」と考える人もいるかもしれません。

しかし、自分や家族が被災することを想定して備えていたか否かにより、実際に被災した場合の気持ちや行動、被災後の生活は大きく異なってきます。

気持ち

まずは気持ちの面です。

日頃から自分たちが被災することを想定して生活していれば、被災しても必要以上にパニックを起こさず、冷静に状況を判断して適切な行動を取ることができます。

一方で、「まさか自分たちが災害に巻き込まれることはないだろう。」と考えていると、被災時にパニックになって適切な判断や行動ができなくなるおそれがあります。

行動

次に行動の面です。

あらかじめ被災時の避難場所や避難経路を家族で決めておけば、迅速かつ安全に避難することができますし、家族がバラバラの場所で被災しても、すぐに合流することが可能です。

しかし、被災時の行動を取り決めていない場合、被災直後の緊急事態の中で自らの行動を決めなければなりませんし、家族の行動も予測できません。

被災後の生活

最後に被災後の生活です。

防災グッズや備蓄品を買いそろえておくことで、平時と同じとはいきませんが、衣食に大きな支障なく過ごすことができます。

自宅の耐震改修や防火対策などを行っておけば、災害による被害を最小限に食い止めることができ、自宅に住み続けられる可能性も高くなります。

しかし、災害への備えをしていなければ、被災後の生活に必要な物を配給などに頼らざるを得ず、何かと不自由を強いられますし、地震で自宅が全壊して避難所生活を余儀なくされることもあります。

近年は、スマホが災害時の情報収集や連絡の必需品となっていますが、スマホ自体は肌身離さず持っていてもバッテリーを備えておらず、いざというときに使えないというケースも少なくありません。

このように、普段から防災に取り組んでおくことにより、災害に巻き込まれたときに冷静さを保ち、適切に行動することができ、また、生活への影響を最小限に抑えることができます。

防災グッズとして備えておきたいスマホの充電器については、別の記事で解説しています。

スマホ充電用の防災グッズにおすすめの災害用充電器は?選び方を解説

防災への基本的な取り組み方

防災の方法は無数に存在しますが、個人や家族が全てを実践することは時間的にも金銭的にも困難です。

個人や家族の防災への基本的な取り組み方は、以下のとおりです。

  • 防災に関する基礎知識を得ること
  • 自分や家族が置かれた状況を客観的に把握すること
  • 優先順位をつけて防災に取り組むこと
  • 日常生活の負担にならないようにすること

防災に関する基礎知識を得ること

まずは、自然災害の種類と被害の傾向、住んでいる地域で過去に発生した災害、今後発生する確率が高い災害、被災時の基本的な対応、防災グッズや災害備蓄品など、防災に関する基礎知識を「広く浅く」得ることです。

「お隣さんに誘われたから地域の防災訓練に参加してみた。」、「とりあえず防災グッズを買ってみた。」なども無意味ではありませんが、防災訓練で学ぶ行動の意味や、防災グッズの使い方を知らないままだと、防災効果は薄くなります。

自分や家族が置かれた状況を客観的に把握すること

  • 家から会社まで電車で片道2時間かかる
  • 息子の小学校は海辺にある
  • おばあちゃんは足腰が悪いので、移動には車いすが必要
  • 家は築40年だが、耐震改修していない
  • 家の裏手によく土砂崩れを起こす場所がある

このように、日常生活を送っている環境は一人ひとり違います。

自分や家族が置かれた状況を客観的に把握することで、何を優先的に取り組むべきかが見えてきます。

優先順位をつけて防災に取り組むこと

ポイントは、人命に直結することから優先的に取り組むことです。

また、対応が難しいこと思い切って諦め、他の方法を探すことも重要です。

例えば、数年前に海辺に家を建て、ローンが30年以上残っているとします。

この場合、津波の心配があるとしても、引っ越すという選択は現実的ではありません。

そのため、津波の危険がある時は実家などに避難する、津波情報サービスに登録する、津波発生時の避難場所と避難経路を家族で共有するなどの対応を検討することになるでしょう。

日常生活の負担にならないようにすること

防災は大切なことですが、あくまで非常時の備えであり、被災時の被害を減らすための取り組みです。

災害に対する不安や心配から防災に時間とお金を費やせば備えは十二分になりますが、防災のせいで日常生活がおろそかになって家族関係が悪化したり、気持ちに余裕がなくなったりするのでは意味がありません。

また、無理をして防災に取り組むと途中で息切れして全て投げ出してしまい、災害発生時には何の準備もできていなかったというケースも珍しくありません。

そのため、日常生活の中で、無理なく取り組むことを心がけることが大切です。

例えば、ローリングストックを実践する、家族で楽しみながら防災に取り組むなど、防災を日常生活の中に取り入れると、負担を感じず災害に備えることができるようになります。

MEMO

ローリングストック:普段から食料品や日用品を多めに購入し、使った分と同じだけ買い足すことで、常に一定量を備蓄しておくという備え方

ローリングストックについては、別の記事で詳しく解説しています。

ローリングストック法とは?メリットとデメリット、備蓄食品のリスト