防災の基礎知識

防災とは?防災に取り組む意味と基本的な取り組み方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
防災,地震,津波,避難

スポンサーリンク

東日本大震災以降、テレビやネットで防災という言葉を見聞きする機会が増え、防災に関心を持つ人が増えてきました。

この記事では、「防災」とは何か、防災に取り組む意味、防災への基本的な取り組み方について紹介します。

防災とは

辞書で「防災」と引いてみると、以下のような内容が記載されています。

  • 「災害を防ぐこと」(大辞林第3版)
  • 「自然現象による災害から、人間の行為による災害、および住宅内における日常災害まで、種々の災害があるが、それぞれの災害の発生機構を明らかにし、人命および財産の安全を図ることを目的として対策を行うことの総称」(日本大百科全書)
  • 「台風・地震・火事などの災害を防ぐこと」(デジタル大辞泉)

行政における防災は、災害対策基本法に、「災害を未然に防止し、災害が発生した場合における被害の拡大を防ぎ、及び災害の復旧を図ること」(災害対策基本法第2条第2号)と定められています。

いずれも、国や地方自治体といった大きな組織が行う災害対策についての説明になっています。

一方で、個人や家族にとっての「防災」とは、「災害による被害をできるだけ減らすための備え」のことであり、いざ被災した時に「自分や家族、周りの人を守るための適切な対応」のことです。

例えば、地震や津波に備えて防災グッズや災害備蓄品を買いそろえておくこと、家族で被災時の避難経路を確認しておくこと、地域の防災訓練に参加することなどが、個人や家族にとっての防災です。

防災に取り組む意味

「いつ起こるか分からない災害のために備えるなんてばからしい。」、「備えていても備えていなくても、災害に巻き込まれてしまえば同じ。」と考える人もいるかもしれません。

しかし、自分や家族が被災することを想定して十分な備えをしていたかどうかで、実際に被災した場合の気持ちや行動、生活は大きく異なってきます。

まず、気持ちです。

被災することを想定していれば、必要以上にパニックにならず、冷静に状況を判断して適切な行動を取りやすくなります。

次に、行動です。

被災時の避難場所や避難ルートを家族で決めておけば、迅速かつ安全に避難できますし、家族がバラバラの場所で被災しても、すぐに合流することができます。

最後に、生活です。

防災グッズや備蓄品を買いそろえておくことで、衣食に大きな支障なく過ごすことができます。

また、自宅の耐震改修や防火対策などを行っておけば、災害による被害を最小限に食い止めることができ、自宅に住み続けられる可能性も高くなります。

このように、普段から防災に取り組んでおくことで、何らかの災害に巻き込まれた時に冷静さを保ち、適切な避難行動をとり、生活への影響を最小限に抑えることができます。

防災への基本的な取り組み方

防災の方法は無数に存在しますが、個人や家族がその全てを実践することは時間的にも金銭的にも困難です。

個人や家族の防災への基本的な取り組み方は、以下のとおりです。

  1. 防災に関する基礎知識を得ること
  2. 自分や家族が置かれた状況を客観的に把握すること
  3. 優先順位をつけて防災に取り組むこと
  4. 日常生活の負担にならないようにすること

1.防災に関する基礎知識を得ること

まず、自然災害の種類と被害の傾向、住んでいる地域で過去に発生した災害、今後発生する確率が高い災害、被災時の基本的な対応、防災グッズや災害備蓄品のことなど、防災に関する基礎知識を広く浅く得ることです。

「お隣さんに誘われたから地域の防災訓練に参加してみた。」、「とりあえず防災グッズを買ってみた。」といったことも無意味ではありませんが、防災訓練で学ぶ行動の意味や、防災グッズの使い方を知らないままだと、防災効果は薄くなってしまいます。

2.自分や家族が置かれた状況を客観的に把握すること

  • 家から会社まで電車で片道2時間かかる
  • 息子の小学校は海辺にある
  • おばあちゃんは足腰が悪いので、移動には車いすが必要
  • 家は築40年だが、耐震改修していない
  • 家の裏手によく土砂崩れを起こす場所がある

置かれている環境は人それぞれ違います。

自分や家族が置かれた状況を客観的に把握することで、何を優先的に取り組むべきかが見えてくるはずです。

3.優先順位をつけて防災に取り組むこと

ポイントは、人命に直結することから優先的に取り組むことです。

また、対応が難しいことについては、思い切って諦めて他の方法を探すことも重要です。

例えば、数年前に海辺に家を建て、ローンが30年以上残っている場合を考えてみましょう。

津波の心配があるからといって、引っ越すという選択は現実的ではありません。

津波情報サービスに登録する、津波発生時の避難場所と避難経路を家族で共有する、津波の危険がある時は実家などに避難するといった対応を検討することになるでしょう。

4.日常生活の負担にならないようにすること

防災はとても大切なことですが、あくまで非常時の備えであり、被災時の被害を減らすためのものです。

災害に対する不安や心配から防災に時間とお金を注ぎ込む気持ちは分かりますが、防災のせいで日常生活がおろそかになり、家族がギスギスしたり、気持ちに余裕がなくなったりするのでは意味がありません。

また、そうした防災は途中で息切れしてしまうことが多いものです。

日常生活の中で、無理なく取り組むことを心がけましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る