防災ノート運営委員会

阪神淡路大震災に被災し、過酷な避難生活でも心身の健康を維持して生き抜く術を身につけました。その後、災害に備えることの重要性を感じて防災を学びました。現在は、海外の企業で働くかたわら、帰国時には防災士として企業や地域の防災アドバイザーを務めています。