災害を知って、備えて、生き抜く!

防災グッズのセットを手作りするためのリスト!高い防災グッズは不要?

防災グッズ リスト

近年の防災ブームの影響で、次々と新しい防災グッズや防災セットが売り出されています。

ネットで「防災グッズ」と検索すると、大手通販サイトまたは防災グッズ・防災セット専門の通販サイトばかりが上位表示されます。

確かに、市販の防災セットには一般的に必要な防災グッズが入っていますし、「防災士監修」、「防災士が選んだ」などと書かれていれば「何となく安心」な気もするでしょう。

しかし本来、防災グッズは家族や家庭の状況を考慮して備えるべきであり、市販の防災セットを購入して備えるだけでは、災害発生時に「必要なグッズがなくて困る」という事態になりかねません。

そのため、市販の防災セットを購入するにしても、中身を確認して不要なグッズを取り出し、不足しているグッズを足す「手作り」の作業が必要です。

防災ノートでも手作りの方法を紹介していますが、実際に防災グッズをそろえるときは、複数の情報から「いいとこ取り」をするのが基本です。

そこで、この記事では、防災セットを手作りするときに参考になる「防災ノート以外の防災グッズ情報」について紹介します。

なお、防災ノートがおすすめする防災グッズについては、別の記事で詳しく解説しています。

この記事で紹介している他サイトの情報と一緒に、防災セット作りの参考にしてください。

防災グッズのおすすめリスト一覧!最低限の防災セットに手作りや100均はあり?

「トクする!防災」

トクする!防災とは、日本気象協会が推進する「トクする!防災」プロジェクトのウェブサイトです。

「トクする!防災」プロジェクトとは、「ちょっと楽しくちょっとおトクに防災アクションを取ることで、自分や家族の命を守ることを目指すプロジェクト(「トクする!防災」のホームページから引用)」です。

防災に「ちょっとしたおトク感」を与えることで、「必要だと思うが実践しにくい」と思われがちな防災に気軽かつ楽しんで取り組めるようにすることを目指しており、ウェブサイトでも可愛い絵や図、簡単な文章で防災が紹介されています。

防災初心者が、楽しみながら防災を学ぶのに適したサイトです。

防災グッズについては、特に備蓄の重要性が強く提唱されており、「備蓄の心得 備蓄品はこれが必要」というページでは、家族5人(夫、妻、子ども、乳児、高齢者)の家庭に必要な備蓄品がリストアップされています。

また、リスト内にはローリングストック法で備えて置ける備蓄品に★印がつけられており、便利です。

MEMO

ローリングストック法:日用品などについて、日常生活の中で購入と消費を繰り返しながら常に一定量を備蓄しておく備え方

ローリングストック法については、別の記事で詳しく解説しています。

ローリングストック法とは?メリットとデメリット、備蓄食品のリスト

東京都防災ホームページ(東京防災)

東京都防災ホームページとは、東京都が運営する防災情報ウェブサイトです。

東京都は、首都直下型地震の発生が予想される状況などを踏まえて防災に力を注いでおり、東京都防災ホームページも他の自治体の防災サイトと比較すると充実した内容になっています。

特に、ウェブサイト内で公開している「東京防災」は、防災グッズをそろえる前に一度は目を通しておきたいところです。

東京防災とは、「東京の多様な地域特性、都市構造、都民のライフスタイルなどを考慮してつくられた、完全東京仕様の防災ブック(東京防災から引用)」です。

事前の備え、地震発生直後の行動、避難の方法、避難所生活など防災に関する知識や情報が網羅的に掲載されています。

また、絵や図がたくさん使われているため手軽にページをめくることができ、防災知識を無理せず得ることができます。

名称は「東京」ですが、日本全国どこに住んでいても役立つ情報が満載です。

東京都防災ホームページでダウンロードできる他、AmazonやKindleなどでも無償配布されているため、手軽に入手することができます。

NHKそなえる防災

NHKそなえる防災とは、NHKオンライン内にある防災関連ウェブサイトです。

サイト内の「命と家族をまもる 災害・防災 手作りかいけつキット」では、「家庭用」、「外出時用」、「会社用」の3種類の非常用餅立ち袋のリストが掲載されています。

外出時用(0次の備え、防災ポーチ)や「会社用」の非常用持ち出し袋の中身をリスト化しているサイトは少ないため、参考になります。

また、いずれのリストもPDF形式のファイルで、印刷して常備したり、アイロンプリントで非常用持ち出し袋(トートバッグなど)にプリントしたりして使用できるようになっています。

なお、NHK供える防災では、防災グッズのリスト以外にも様々な防災関連情報やアイテムが掲載されています。

例えば、財布サイズの携帯マニュアル本「災害もしもブック」や「災害もしもマニュアル」です。

災害もしもブックは「大地震発生直後の心得」が、災害もしもマニュアルは「災害発生時の応急処置などの心得」が絵と簡単な文章で印字されています。

プリントアウトして財布に入れておけば、被災直後の混乱した状況でも、「今、何をすべきか。」を確認し、適切な行動がとりやすくなります。

防災グッズのリストと一緒にプリントアウトしておくと良いでしょう。

広島県「みんなで減災」はじめの一歩

広島県「みんなで減災」はじめの一歩は、広島県が運営する防災関連ウェブサイトです。

このサイトの防災グッズ一覧は、防災グッズが一覧形式で表示され、各グッズを「携帯」するのか、「持出」するのか、「備蓄」するのかが分かるようになっています。

つまり、緊急時用グッズ(0次の備え、防災ポーチ)、非常用持ち出し袋、備蓄品に何が必要かがすぐ分かるようになっているのです。

また、一覧形式で表示されることで、水や保存食など複数の防災セットに必要な防災グッズも一目で分かります。

シンプルですが、見やすい一覧です。

なお、サイト内には、防災について家族で話し合った内容などを記載する「防災シート」をダウンロードすることもできます。

家族がいる場合の防災は、防災グッズの準備も避難場所・避難経路の確認などを家族全員で取り組むことが重要であり、防災シートはその一助になるものです。

高い防災グッズのセットは不要?

防災セットの手作りには、一から手作りする方法と、市販の防災セットに手を加える方法があり、それぞれメリットとデメリットがあります。

一から手作り

家族で話し合いながら防災グッズを入れ物から中身まで全て手作りする

  • メリット:家族のニーズに合致した防災グッズができる
  • デメリット:必要なグッズの入れ忘れが起こる
市販防災セット+α

市販の防災セットを購入し、不要なグッズを除き、不足したグッズを入れる

  • メリット:最低限必要な防災グッズはそろう
  • デメリット:高い、元々のグッズを除きにくい(「必要だから入っているんだろう。」と思ってしまう。)

高い防災グッズのセットを買う必要性は?

防災ノートの防災グッズ関連記事や、この記事で紹介したサイトを参考にすることで、時間と手間さえ惜しまなければ、一から防災グッズを手作りすることは難しくありません。

高い防災グッズを購入する場合としては、防災グッズを一から買いそろえて準備する時間がない、自分が作った防災セットでは安心できないなどが考えられます。

ただし、家族構成、家族の年齢、生活スタイル、健康状態などによって、各家庭で必要な防災グッズは異なります。

そのため、市販の防災グッズを購入するにしても、購入後は中身を確認し、不要なグッズを取り除き、空いたスペースに不足しているグッズを入れておくことが大切です。

防災グッズの点検

なお、時間の経過や季節の移り変わりとともに必要な防災グッズも変化します。

そのため、防災グッズを備えて終わりではなく、半年に1回は点検を行い、必要に応じて入れ替えることも大切です。