ネット・SNS・アプリ

facebookの災害時の使い方は?情報センターの機能は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Facebook 災害時情報センター

スポンサーリンク

災害はいつ発生するか分かりません。

仕事中のこともあれば、買い物中や旅行中のこともあります。

また、家族が不在の時に災害が発生することも十分考えられることです。

家族が別々の場所にいる時に災害が発生した場合、家族の安否確認や連絡手段の確保が喫緊の課題になります。

近年、インターネットが、災害発生時の安否確認や連絡方法として目覚ましく発達していますが、中でも、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)は災害時に欠かせないツールになりつつあります。

Facebookは、全世界で最大級のSNSで、災害発生時にも活用が期待されるSNSの一つです。

この記事では、Facebookの災害時における活用方法について紹介します。

そもそも、災害時にFacebookは使えるの?

災害発生時には、固定電話や携帯電話が非常につながりにくくなる一方で、スマートフォンからのインターネット利用は、電話ほどの影響は出ないことが多いものです。

電話とインターネットに差が出るのは、情報伝達の仕組みの違っているからです。

携帯電話の仕組み

  1. 携帯電話から電話をかける
  2. 最寄りの無線基地局のアンテナが受信
  3. ケーブルを通って複数の交換機を経由する
  4. 相手の携帯電話の最寄りの無線基地局のアンテナから電話がつながる
  5. 電話がつながっている間は、1つの回線を独占する

通信会社は、日常の通信であれば十分にまかなえるだけの回線数を確保しています。

しかし、災害発生時は、アクセスが急増して回線数を上回ることがある上に、警察や消防の通信の確保を優先する通信規制が行われるため、電話がつながりにくくなります。

スマートフォンによるインターネット利用の仕組み

スマートフォンによるインターネットは、情報を細かく分割して伝送します(パケット通信)。

また、ルートの混雑具合によって、分割された情報が別々のルートで伝送されることもあります。

加えて、ネットワークが張り巡らされているため、回線がパンクして利用できなくなる状況に陥りにくいのです。

引用:防災ノート

災害用統一SSID「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」

それでも、無線基地が停電するなどの被害を受けると、スマートフォンでインターネットが利用できなくなることがあります。

対策としては、00000JAPANという取り組みがあります。

00000JAPANとは、大規模災害が発生した場合に、個人が契約している通信キャリアに関わらず、公衆無線LANを提供する事業者等が、公衆無線LANを無料開放する取り組みのことです。

無料開放する条件は、大規模災害によって「携帯インフラが広範囲に被害を受け、携帯電話やスマートフォンが利用できない状態が長時間継続する恐れがある場合」です。

大規模災害発生から3日間(72時間)以内を目安として公衆無線LANが無料開放され、被災者全員がインターネットを利用して災害に関する情報を収集できるようになります。

引用:防災ノート

以上のことを踏まえると、災害発生時にFacebookを活用できる可能性はあると言えます。

ただし、防災の基本は「最悪の事態を想定して備えること」です。

万が一、インターネットが使えなくなり、Facebookが利用できなくなった時のことを考えて、ラジオなどの情報収集手段は準備しておきましょう。

関連記事

災害時の情報収集に役立つ防災グッズやWebサービスは?

災害時のFacebook活用法1:Facebookの災害時情報センター

Facebook 災害時情報センター

Facebookは、2014年10月16日、災害発生時に利用できるサービス「災害時情報センター」を開設しました。

災害時情報センターの機能

災害時情報センターの主な機能は、以下の3つです。

・自分が無事であることを、Facebook上の友達に知らせる
・被災地域にいるFacebook上の友達の安否を確認する
・Facebook上の友だちの無事を報告する

災害の影響を受けた地域にいると判断された場合、Facebookから安否確認の通知が届き、「自分の無事を報告」というボタンを押せば、Facebook上の友達に自分の安否が報告されます。

また、Facebook上の友達が災害の影響を受けた地域にいる場合、その友達がFacebookからの通知に無事を報告したら通知が届きます。

通知をクリックして災害時情報センターにアクセスし、友達の最新情報一覧が確認できるようになっています。

災害時情報センターが利用できる条件

災害時情報センターはいつでも利用できるわけではありません。

利用できるのは、以下のような条件がそろった場合です。

  • 被災地域にいる人々の投稿が一定の数に達する(災害時情報センターがオンになる条件)
  • 災害の影響を受けた地域にいる
  • Facebook上の友達が災害の影響を受けた地域にいる

なお、Facebookが災害の影響を受けた地域にいると判断する基準は、Facebookに登録した町です。

引っ越しなどにより、登録した都市と実際に住んでいる町が異なる場合は、災害の影響を受けていなくても通知が届くことがあります。

災害時のFacebook活用法2:「Facebookを活用した災害対策と対応」ガイド

2015年3月9日、Facebookは、「Facebookを活用した災害対策と対応」ガイドを発表しています。

このガイドには、①災害時対応と災害支援を担う組織、②救助隊と行政、③個人のそれぞれが、災害発生時にFacebookを活用する方法や、有効に活用するためのヒントが記載されています。

スポンサーリンク

災害時対応と災害支援を担う組織によるFacebookの活用方法

  • Facebookページ:組織の活動や目的に関心を持つ人とコミュニケーションする場を作る
  • 投稿:地域内交流の活発化、災害時に利用可能な施設、備え、救援物資の入手方法、支援を受ける方法、防災対策を周知
  • Facebookグループ:ボランティアの組織管理、スタッフやパートナーと連絡を行う
  • イベント:災害の状況の周知、寄付・ボランティア募集の周知

救助隊と行政によるFacebookの活用方法

  • Facebookページ:スタッフやボランティアの管理、住民との相互コミュニケーションの場を作る
  • 投稿:普段から災害に関する情報を投稿し、災害発生時も信頼できる情報を投稿する
  • Facebookグループ:ボランティアの組織管理、パートナーや政府との連絡を行う
  • イベント:地域住民の連携意識や防災への危機意識を高める、寄付・ボランティア募集の周知

個人とコミュニティによるFacebookの活用方法

  • 投稿:災害の情報や自分の安否・居場所を家族や友人と共有する、支援組織や救助隊へ自分の現状を伝える
  • ハッシュタグ:自分の置かれた状況を共有する、コミュニティの緊急時対応チームを編成する
  • 検索:特定の人、場所、ニュース、キーワードに関係する情報を見つける
  • メッセージ:緊急情報共有する、親しい相手と連絡をとる

ガイドのより詳しい内容が知りたい場合は、以下のリンクからガイドを閲覧、ダウンロードできます。

参考:災害時情報センターのご案内|Facebookニュースルーム

スポンサーリンク