防災グッズ

不要な防災グッズとは?テントやティッシュはいらない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
防災グッズ 不要 種類

スポンサーリンク

災害発生時の被害を最小限に抑えるには、普段からの備えが大切です。

災害に備える方法の代表的なものが防災グッズを購入して適切に管理しておくことです。

しかし、近年の防災ブームに便乗して、防災グッズと名の付く商品が無数に登場し、「これ、本当に必要かな?」と思えるような商品まで防災グッズとして売り出されるようになっています。

実際に災害が発生して避難する時に持ち出せる防災グッズは限られているので、家族にとって本当に必要な物を厳選しておく必要がありますが、選別するのが難しいと感じる人も少なくありません。

この記事では、防災グッズの種類と不要な防災グッズ(なくても困らない物、別の物で代替できる物)について紹介します。

防災グッズの種類

防災グッズは、使用する場面に応じて4種類準備するのが基本です。

  • 緊急時用グッズ:
  • 非常用持ち出し袋
  • 備蓄品(被災後3日間用)
  • 備蓄品(大規模災害用)

一般的に防災グッズといえば、非常用持ち出し袋を思い浮かべる人が多いですが、被災した場合を想定すると、他の3種類も準備しておくことが大切です。

防災グッズの種類:緊急時用グッズ

緊急時用グッズとは、災害発生直後に必要な防災グッズをまとめたものです。

緊急時用グッズは、ケースなどにまとめて入れ、すぐ手が届く場所に置いておきます。

緊急時用グッズの中に入れておきたい防災グッズは、以下のとおりです。

  • 懐中電灯(スマホ)
  • 手袋
  • 折り畳み式スリッパ
  • ホイッスル
  • 救急セット
  • メガネ、常用薬など
  • 携帯用ポーチ

防災グッズの種類2:非常用持ち出し袋

非常用持ち出し袋とは、家族の安全を確保しつつ避難するために、避難時に持ち出す防災グッズをまとめたものです。

非常用持ち出し袋は、災害発生時にすぐ取り出せる場所に保管しておきます。

災害発生時に家族全員が揃っているとは限らないので、大人なら男女問わず持ち出せる量や重さにしておくことが大切です。

非常用持ち出し袋の中に入れておきたい防災グッズは、以下のとおりです。

  • 水・非常食
  • ヘルメット
  • 雨具
  • 手袋
  • マスク
  • ヘッドライト
  • ハザードマップ・周辺地図
  • スマホ・モバイルバッテリー・充電器・充電池・携帯ラジオ
  • 救急セット
  • レジ袋(ビニール袋)
  • 下着
  • 携帯式トイレ
  • 身分証明書、緊急連絡先、貴重品
  • 緊急時用ポーチ
  • リュックサック

防災グッズの種類3:備蓄品(被災後3日間用)

備蓄品(被災後3日間用)とは、被災者支援が本格化するまでの期間(災害発生から72時間)を乗り切るための防災グッズをまとめたものです。

避難時に荷物などに余裕がある場合は全部もしくは一部を持ち出し、余裕がない場合は避難後落ち着いた段階で取りに戻ることになります。

備蓄品(被災後3日間用)の中に入れておきたい防災グッズは、以下のとおりです。

  • 水・食料
  • 下着の着替え
  • 折り畳み式水タンク
  • 日用品
  • 衛生グッズ
  • 携帯式トイレ
  • キャリーケース

防災グッズの種類4:備蓄品(大規模災害用)

備蓄品(大規模災害用)とは、大規模災害が発生し、被災者支援やライフラインの回復が想定より遅れた場合に備えて準備しておくものです。

避難時には持ち出さず、避難後落ち着いた段階で取りに戻ることを想定して準備しておきます。

備蓄品(大規模災害用)の中に入れておきたい防災グッズは、以下のとおりです。

  • 水・食料(1週間分)
  • 携帯式トイレ(1週間分)
  • 非常用発電機
  • カセットコンロ

関連記事

防災グッズの中身一覧!被災者が勧める最低限の備蓄品は?

不要な防災グッズ一覧

避難生活においては、たくさんの物があるほど便利で快適な生活を送ることができます。

そのため、被災者に「避難生活で不要だった物は何ですか。」と聞いても、「なくて困った物はあるけれど、あって困った物は思い浮かばない。」という答えが大半です。

しかし、避難時に持ち出せる物は限られているため、非常用持ち出し袋には、防災グッズを何でもかんでも入れることはできず、必要な物を厳選する必要があります。

ここでは「不要な防災グッズ=非常用持ち出し袋には入れなくても困らない物、他の物で代替できる物」を紹介します。

  • 懐中電灯・ラジオ(どちらか一つで良い)
  • 化粧品・基礎化粧品
  • テント
  • 紙皿・紙コップ
  • ティッシュペーパー(トイレットペーパーで代用可能)
  • タオル

不要な防災グッズ1:懐中電灯・ラジオ

懐中電灯とラジオを両方持ち出すとかさばります。

懐中電灯とラジオが一体になった商品を購入すれば、一つだけで済みます。

また、スマートフォンの予備バッテリーを持っておけば、スマートフォンのライトを懐中電灯代わりに、ラジオを視聴するアプリをラジオ代わりにすることも可能です(光量や音質などを事前確認した上で検討してください。)。

関連記事

無料防災アプリのおすすめ5つ!Yahoo!やNHKアプリは便利?

不要な防災グッズ2:化粧品・基礎化粧品

被災者から話を聴くと「避難所では衣食住の確保で手一杯で、化粧品には手も触れなかった。」、「気持ちが落ち着かず、化粧をする気にもならなかった。」といった意見が大半でした。

女性にとって、化粧品は身だしなみを整える大切な物ですが、災害発生時にはあまり使われていないようです。

不要な防災グッズ3:テント

一昔前は、防災グッズとしてテントなどのキャンプ用品一式をそろえている家庭が少なからずありました。

しかし、災害発生時は、まず屋内に滞在可能か否かを考え、滞在できない場合は近くの避難所へ避難するのが基本で、屋内に滞在できないからといってテントを張って過ごすことはほとんどありません。

避難所でも公民館や体育館など屋内で過ごせることが多く、やはりテントを張る機会はありませんし、避難所までテントを持っていくのも難しいものです。

不要な防災グッズ4:紙皿・紙コップ

紙皿や紙コップは、かさばる上に再利用も難しいので、プラスチック製の皿やコップを数個入れておく方が便利です。

スポンサーリンク

備蓄品として準備しておくと良いでしょう。

不要な防災グッズ5:ティッシュペーパー

ティッシュペーパーは、避難生活で何かと重宝しますが、箱がかさばりますし、トイレットペーパーで代用できるため、非常用持ち出し袋に入れておく必要はありません。

ティッシュペーパーを入れるなら、芯を抜き、つぶしたトイレットペーパーを多めに入れておく方が便利です。

紙皿や紙コップと同様、備蓄品として準備しておきましょう。

不要な防災グッズ6:タオル

タオルは、非常用持ち出し袋に入れておくかどうか意見が分かれる防災グッズです。

タオルを持ち出す派の意見は、「タオルは身体を拭いたり、包帯代わりにしたりできる他、床に敷いて寝ることもできるなど便利。」というものです。

一方で、タオル不要派の意見は、「かさばって他に必要な物を持ち出せなくなる。薄手の手ぬぐいで代用できる。」というものです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る