防災の基礎知識

防災ゲームとは?クロスロードやハグの内容は?無料?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
防災ゲーム クロスロード ハグ

スポンサーリンク

防災訓練や防災教育と言えば、学習によって災害や防災の知識を蓄えたり、消化器の使い方や避難の仕方を体験的に覚えたりするのが一般的です。

しかし、訓練や教育を受ける側が受け身になりがちであることや、得られる知識や経験が一般化されていて実際の災害発生時には役に立たないことが課題とされていました。

こうした従来型の防災訓練や防災教育の課題を踏まえ、個人が主体的に防災を学ぶとともに、災害発生時の目まぐるしく変化する状況に臨機応変に対応できる力を身につける方法として開発されたのが、防災ゲームです。

この記事では、防災ゲームの概要と、クロスロードなど代表的な防災ゲームについて紹介します。

防災ゲームとは

防災ゲームとは、防災に関する要素を取り入れたゲームです。

プレイヤーは、防災ゲームをプレイして災害発生時の防災・減災、避難行動などのシミュレーションを繰り返すことにより、災害発生時に臨機応変に対応する力を身につけることができます。

防災に関する一般的な知識や経験を得ることよりも、「災害発生時に適切に対応する力を身につけること」に重点を置いているところが、防災ゲームと従来の防災訓練や防災教育との大きな違いです。

また、ゲームならではの工夫や仕掛けがたくさん用意されており、プレイヤーが楽しみながら取り組めることも特徴と言えます。

ゲームという名前から子供向けの防災ツールだと思われがちですが、子どもから大人まで誰でも楽しんで取り組むことができるゲームがたくさん開発されています。

代表的な防災ゲーム

たくさん開発されている防災ゲームの中で、代表的なものは以下のとおりです。

  • クロスロード
  • 避難所HUG
  • DIG
  • 防災カードゲームシャッフル

この記事では、クロスロード、避難所HUGについて詳しく紹介します。

クロスロード(災害対応カードゲーム)

防災ゲーム「クロスロード」とは、実際に災害を経験した人へのインタビューなどに基づいて、災害発生時に生じるジレンマを防災啓発用のカードゲームにした防災ゲームです。

クロスロードをプレイした人が、ゲーム中のジレンマを自分の問題として考えることにより、災害発生時の対応力を身につけるきっかけとすることが期待されています。

クロスロードは、英語では「cross road」と表記し、日本では「重大な分かれ道」などと訳されています。

クロスロードの特徴

クロスロードは、参加者一人ひとりがカードに書かれた設問(ジレンマを生じさせる場面)に対する自分の意見を表明し、理由を説明することから、自分の問題として災害対応を捉えることができます。

また、設問に対する他の参加者の意見を聞くことで、異なった視点を持つきっかけとなったり、新たな気づきを得たりすることもあります。

一つの設問を掘り下げて考えるため、災害発生時の対応に必要な情報や前提となる条件について理解を深めることができるのもクロスロードの特徴です。

加えて、災害対応には必ずしも正解があるとは限らないことや、過去の事例における適切な対応が目の前の災害で有効とは限らないこと、災害対応には事前の備えが重要であることの気づきも得られます。

クロスロードの開発とその後

文部科学省が推進している「大都市大震災軽減化プロジェクト」の一環として、チームクロスロードの京都大学の矢守克也助教授(当時)、慶應義塾大学の吉川肇子助教授(当時)、ゲームデザイナーの網代剛(当時)によって開発されました。

最初に開発されたのは、阪神・淡路大震災で実際に災害対応を行った神戸市職員に対するインタビューに基づいて、職員が経験した災害対応のジレンマのケースをカード化した「神戸編・一般編」(2004年7月)です。

その後、「市民編」、「高知編」、「学校安全編」、「大学生編」、「要援護者編」、「災害ボランティア編」が作成されています。

「神戸編・一般編」と「市民編」については、京都大学生協を通して一般販売されており、個人でも入手可能です。

クロスロードの取り組み方

クロスロードの基本的な取り組み方は、以下のとおりです。

  1. 参加者を募る(多数決や意見交換を行う時間があるため、1グループあたり5人もしくは程度がちょうど良い)
  2. クロスロードのカードの設問について、参加者一人ひとりが「yes」もしくは「no」で自分の意見を述べる(多数派になると思われる意見を予想する場合もある)
  3. 参加者一人ひとりが自分の意見の理由を述べる
  4. 多数決で勝者を決める

クロスロードのカードには答えが書かれておらず、ゲームにおいては、参加者一人ひとりが自分の意見を表明して理由を言葉で説明し、参加者と意見交換を繰り返すことが重要になります。

設問の場面の対応についてより理解を深めたい場合は、付属の解説資料や指導者用の解説書(進行マニュアルなど)、参考図書が役立ちます。

ハグ(HUG・避難所運営ゲーム)

ハグ(避難所運営ゲーム)とは、避難所の運営を図面上で体験する防災ゲームです。

ハグは「H=hinanjo(避難所)」、「U=unei(運営)」、「G=game」の略です。

英語では「hug=抱きしめる」という意味で、避難者を優しく抱きかかえるように受け入れるという意味合いも込められています。

ハグ(避難所運営ゲーム)の特徴

ハグは、災害発生時の避難所において起こりうる状況を理解し、臨機応変に対応する力を身につけることを目的としています。

数人の参加者で避難所の運営を疑似体験しながら、避難所の適切な運営方法を学ぶことができます。

また、避難所に限らず、被災者に適時適切な支援を行う力の基礎も身につきます。

ハグ(避難所運営ゲーム)の開発とその後

ハグは、2007年に静岡県が開発した防災ゲームです。

開発されて間もない頃から県内外の防災研修会や防災訓練で取り入れられるようになり、現在では全国の防災訓練や防災教育のカリキュラムで見かけるようになっています。

東日本大震災発生時には、HUGに取り組んだ経験のある人が避難所運営で活躍したことが話題になっていました。

ハグ(避難所運営ゲーム)と取り組み方

ハグは、災害発生時にある地域(市)の避難所運営を任されたという設定で、避難所にやって来る避難者の状況や要望に応じて適時適切な対応を行います。

取り組み方の手順は、以下のとおりです。

  1. ハグ教材(カード、用紙セット、避難所の図面等)、筆記用具、机、掲示板、テープなどを準備する
  2. 進行役1人とプレイヤー5~9人(発表者1人と記録者1人を含む)を募る
  3. 進行役は、避難者情報や避難所内の問題発生について書かれたカードを読み上げる
  4. プレイヤーは、読み上げられた情報に基づいて避難者カードを図面上に置く(避難者情報の場合)、問題への対応を決定する(問題発生の場合)
  5. 進行役は、次々にカードを読み上げる(プレイヤーに余裕を与えないように間髪入れずに読み上げる)
  6. カードの読み上げが終わったら、避難者の配置や問題対応について全員で意見交換し、よりよい避難所運営について学習する

避難所運営マニュアルやガイドラインを作成している会社や自治体等で実施する場合は、それらをチェックした上で取り組みます。

ハグで最も重要なのは、カードの読み上げが終わった後の意見交換です。

参加者全員が感じたことや考えたことを自由に発言することで、よりよい避難所運営に役立つ意見や考えが出てくるものです。

参考:災害対応カードゲーム教材「クロスロード」(減災への取組):防災情報のページ-内閣府

スポンサーリンク

スポンサーリンク