ネット・SNS・アプリ

ハザードマップとは?種類と表示内容、国土交通省ハザードマップポータルサイトの機能!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ハザードマップ 種類 国土交通省

スポンサーリンク

ハザードマップは、災害への備えに欠かせないツールの一つです。

国土交通省のハザードマップポータルサイトや、各自治体が作成した管轄区域のハザードマップで住んでいる地域の危険度を確認することで、災害への備えをより具体的に行うことができます。

しかし、ハザードマップの認知度が高まる一方で、「どのような種類があるのか。」、「何が表示されているのか。」など種類や表示内容を正しく把握している人は少ないのが現状です。

この記事では、ハザードマップとは、ハザードマップの種類と表示内容、国土交通省ハザードマップポータルサイトの機能について紹介します。

ハザードマップとは

ハザードマップとは、ある自然災害が発生した場合の被害を予測し、予測される災害の発生地点、被害の拡大しうる範囲や程度、避難場所や避難経路などを地図上に落とし込んだものです。

被害予測地図と呼ばれることもあります。

ハザードマップを確認することで、自宅周辺の危険度の把握、避難場所や避難経路の決定、備える防災グッズの決定など、災害への備えを円滑に行うことができます。

また、実際に災害が発生した場合には、迅速かつ適切に避難するためのツールとして役立ちます。

なお、特定の災害を指定していないハザードマップは、防災マップと呼ばれます。

ハザードマップの作成者と入手方法

ハザードマップは、国や各自治体が作成してネット上に掲載または紙媒体を作成しています。

そのため、ネットからダウンロードするか、自治体窓口で紙媒体のものを入手することになります。

また、国土交通省が運営する「国土交通省ハザードマップポータルサイト」でも各地域のハザードマップを閲覧することができます。

ネット上のハザードマップと紙媒体のハザードマップのメリット・デメリット

ネット上のハザードマップと紙媒体のハザードマップには、それぞれメリットとデメリットがあります。

  メリット デメリット

紙媒体

手元で保管し、常に確認できる

見たい範囲や情報を選択できない

情報が古いことがある

ネット上

見たい範囲や情報を選択できる

最新情報が入手できる

閲覧用端末とネット環境が必要

ハザードマップの利用方法

ハザードマップは、災害への備えや避難行動など防災に関する様々な場面で活用することができます。

  • 住んでいる地域の災害危険性の確認
  • 転居先の選定
  • 避難場所や避難経路の確認
  • 危険区域の確認
  • 避難方法の検討
  • 地形と災害の関係性を知る
  • 住宅浸水対策の検討
  • 地震対策の検討
  • 防災セットや備蓄品の検討

ハザードマップの種類一覧

防災マップには様々な種類があり、それぞれ表示内容も異なります。

主なハザードマップの種類と表示内容を確認しておきましょう。

ハザードマップ 表示内容
洪水 河川氾濫時に想定される浸水域、浸水深、避難場所、避難経路など
内水
内水氾濫時に想定される浸水域、浸水深、避難場所、避難経路など
土砂災害
土石流、がけ崩れ、地すべりの発生危険地域
地震災害 地震発生時の被害範囲、建物被害予測、地盤の液状化リスクなど
火山防災
噴石、火砕流、融雪型火山、泥流等の影響が及ぶ範囲など
 
津波 津波が陸上へ押し寄せた場合の浸水域や浸水深など
高潮
海水の堤防を越えた浸水が想定される地域と浸水深など

洪水ハザードマップ

洪水ハザードマップとは、大雨などで河川が氾濫して洪水が発生した場合に、被害を受けるおそれのある区域や予測される被害の程度が示されているハザードマップです。

想定される浸水域、浸水深、避難場所、避難経路など、住民が迅速かつ適切に避難するのに必要な情報が掲載されています。

内水ハザードマップ

内水ハザードマップとは、大雨などで内水氾濫が発生した場合に、被害が発生するおそれのある区域や予測される被害の程度が表示されているハザードマップです。

内水氾濫とは、雨量が市街地の雨水処理能力を超えて建物、土地、道路などが浸水することです。

内水ハザードマップには、洪水ハザードマップと同様、浸水域、浸水深、避難場所、避難経路などが掲載されています。

土砂災害ハザードマップ

土砂災害ハザードマップとは、土砂災害による被害が想定される地域や避難情報を掲載したハザードマップです。

通常は、被害予測地点、土砂災害の種類、予測される被害拡大範囲と程度、避難経路と避難場所などが掲載されます。

2005年に土砂災害防止法が改正され、土砂災害の警戒区域や特別警戒区域を示したハザードマップを作成して地域住民に配布することが、各市区町村に義務付けられています。

地震災害ハザードマップ

地震災害ハザードマップとは、将来的に発生することが予測される地震によって被害を受ける範囲などを示したハザードマップです。

地震発生時の被害範囲、建物被害予測、地盤の液状化リスクなどが掲載されています。

火山防災ハザードマップ

火山防災ハザードマップとは、将来的に噴火や火山活動が活性化した場合に、噴石、火砕流、溶岩流、泥流、火山灰による被害を受けるおそれがある地域を表示したハザードマップです。

改正活火山法(2015年に施行)では、全国49火山周辺の23都道県と140市町村が火山災害警戒地域に指定され、指定された自治体は、火山防災協議会の立ち上げと火山ハザードマップの作成が義務付けられています。

津波ハザードマップ

津波ハザードマップとは、津波が陸上へ押し寄せた場合の津波の高さ、第1波到達までの時間、浸水域、避難場所と避難経路などを表示したハザードマップです。

2012年施行の津波防災地域づくり法により、都道府県が津波被害が想定される地域を「津波災害警戒区域」に指定し、区域内の市区町村は、津波ハザードマップの作成と公表が義務付けられました。

高潮ハザードマップ

高潮ハザードマップとは、高潮によって生じる被害を受ける恐れのある地域や被害の程度を表示したハザードマップです。

国土交通省が、2004年、高潮対策や避難計画に関するマニュアルを作成し、全国の自治体に高潮ハザードマップの作成を促しています。

国土交通省ハザードマップポータルサイト

国土交通省ハザードマップポータルサイト

スポンサーリンク

出典:国土交通省ハザードマップポータルサイト

国土交通省ハザードマップポータルサイトとは、全国のハザードマップ(防災情報)がネット上で確認できる国土交通省が作成・運営するサイトです。

このサイトには、「重ねるハザードマップ」と「わがまちハザードマップ」という2つの機能が備わっています。

スマホ、タブレット、パソコンなどで閲覧することができ、防災計画や避難計画を立てるのに役立つサイトです。

重ねるハザードマップ

重ねるハザードマップとは、複数の防災情報を1つの地図上で同時に表示できる機能です。

洪水・土砂災害・津波のリスク情報、道路防災情報、土地の特徴・成り立ちなどを地図や写真に自由に重ねて表示できます。

引用:国土交通省ハザードマップポータルサイト

調べたい場所の住所を入力して表示したい災害情報を選択すると、防災情報が1つの地図上にまとめて表示されるため、避難計画や防災計画を立てるために複数のハザードマップを見比べる必要がありません。

例えば、大雨が降った場合の防災情報を知りたい場合、浸水のおそれがある場所、土砂災害の危険がある場所、通行止めになるおそれがある道路などの情報を1つの地図上に表示できます。

わがまちハザードマップ

わがまちハザードマップとは、自治体が作成した各種ハザードマップを閲覧できる機能です。

各市町村が作成したハザードマップへリンクします。地域ごとの様々な種類のハザードマップを閲覧できます。

引用:国土交通省ハザードマップポータルサイト

住んでいる地域の都道府県と市区町村をプルダウンメニューから選択すると、その地域の自治体が作成しているハザードマップの一覧とリンクが出てきます。

わがまちハザードマップ機能を利用すれば、住んでいる自治体が作成した各種ハザードマップを入手する手間を省くことができます。

【参考】

スポンサーリンク