防災の基礎知識

災害時の情報収集に役立つ防災グッズやWebサービスは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
災害 被災 情報収集

スポンサーリンク

災害発生時は、情報収集がとても大切です。

被害の状況、交通手段やライフラインの復旧状況、支援の状況、気象庁の気象警報・注意報、二次災害の危険など正確な情報を迅速に収集することが、避難時の安全の確保や避難生活の安定につながります。

この記事では、災害時の情報収集の手段、災害時の情報収集に役立つ防災グッズやWebサービスについて紹介します。

災害時の情報収集手段

災害時の主な情報収集手段としては、以下のようなものがあります。

  • テレビ
  • ラジオ
  • 電話
  • インターネット
  • 地域の防災無線
  • 災害用伝言サービス

テレビ、ラジオ、電話、インターネット、電子メールは、普段から情報を得る手段として活用しているもので、災害時にも重要な情報収集手段となりうるものです。

しかし、災害発生時には、テレビは停電すると使用できなくなり、電話はケーブルや光ファイバーの回線が断絶すると使用できなくなります。

このように、災害発生時は、普段利用している情報収集手段が利用できなくなる可能性があるため、ラジオなどの防災グッズを準備しておくことが大切になります。

インターネットについても、災害発生直後は通信が輻輳して伝送速度が極端に遅くなり、思うように情報が得られなくなることがありますし、インターネット回線を利用したIP電話も、必要な伝送速度が確保できず通信が断たれがちでした。

しかし、大規模災害発生時に公衆無線LANを無料開放する取り組みが始まり、必要な情報にアクセスしやすくなってきています。

災害用統一SSID「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」

00000JAPANとは、大規模災害が発生した場合に、個人が契約している通信キャリアに関わらず、公衆無線LANを提供する事業者等が、公衆無線LANを無料開放する取り組みのことです。

無料開放する条件は、大規模災害によって「携帯インフラが広範囲に被害を受け、携帯電話やスマートフォンが利用できない状態が長時間継続する恐れがある場合」です。

大規模災害発生から3日間(72時間)以内を目安として公衆無線LANが無料開放され、被災者全員がインターネットを利用して災害に関する情報を収集できるようになります。

関連記事

00000JAPANとは?災害時にWi-Fiが無料開放?設定は?

災害時の情報収集に役立つ防災グッズ

災害時の情報収集に役立つ防災グッズは、以下のとおりです。

  • 携帯型ラジオ
  • スマホ・タブレット・モバイルバッテリー
  • 充電器・充電池

携帯型ラジオ

大規模な災害により長期間の停電が発生すると、テレビが使用できなくなり、インターネットを利用するためのスマホやタブレット端末も充電できなくなるため、ラジオが情報収集のために重要な役割を果たします。

常に手元に置いておけるよう、携帯型のラジオを準備しておきます。

手動発電が可能なタイプや、LEDライトやスマホ充電機能が付いたタイプが理想ですが、ライトや充電器などを別途購入することでも問題ありません。

スマホ・タブレット・モバイルバッテリー

電話やインターネットが使用できる環境にいる場合は、スマホやタブレットでインターネットを利用して情報収集することができます。

00000JAPANの取り組みが始まったことで、災害発生時におけるスマホやタブレットの情報取集手段としての重要度は高まっていると言えます。

しかし、スマホやタブレットはすぐ電池がなくなるので、モバイルバッテリーは必要です。

充電式のモバイルバッテリーは停電時に使えなくなるので、電池式を準備しておきましょう。

充電器・充電池

ラジオ、スマホ、タブレットなどを長期間使用するために必要になります。

充電池は、汎用性の高い単三タイプを準備しておきます。

また、電池のサイズを変換するスペーサーがあると、情報端末以外の機器にも利用できて便利です。

充電器は、コンセントに差し込むタイプの他にソーラー充電器を準備しておくと、停電時にも電子機器を利用できます。

災害時の情報収集に役立つWebサービス

インターネットが使用できる環境にいる場合は、スマホやタブレットで情報を収集することができます。

災害アプリ

防災アプリはたくさんありますが、この記事では、利用者の多い「Yahoo!防災速報」を紹介します。

Yahoo!防災速報は、事前に住んでいる地域を設定しておくことで、気象予報の通知、地震や火山噴火に関する情報が通知されるアプリです。

使用できるのは、iOS8.0以降のiPhone、iPod touch、iPadです。

Androidは端末によって条件が異なっています。

なお、国土地理院などの「防災アプリケーション公募」の取組みの結果は、災害発生時に役立つアプリを見つける参考になるので、確認してみてください。

関連記事

国土地理院の防災アプリ大賞とは?受賞した防災アプリの特徴は?

インターネットでテレビを見る

インターネットでテレビを視聴するには、NHKなどのウェブサイトにアクセスします。

NHK NEWS WEB/NHK(http://www3.nhk.or.jp/news/live/)

放送より数十秒の遅延が生じます。

視聴するには、ブラウザのJavaScript設定を有効化するか、AdobeFlashPlayerのインストールします。

AmebaNewsチャンネル/テレビ朝日(https://abema.tv/now-on-air/abema-news)

AmebaTVのニュースチャンネルです。

スポンサーリンク

SOLiVE24/ウェザーニュース(https://www.youtube.com/watch?v=kfTq_A9nBM0)

ウェザーニュースがyoutubeで放送している天気番組です。

インターネットでラジオを聞く

インターネットでラジオを聞くには、NHKのウェブサイトにアクセスするか、アプリをダウンロードします。

らじる★らじるNHKネットラジオ/NHK(http://www3.nhk.or.jp/netradio/)

スマホとタブレットでラジオを聞く場合は、アプリをダウンロードします。

使用できるのは、iOS8.0以降のiPhone、iPod touch、iPad、AndroidOS2.3.3以降のスマホ、Android3.0以降のタブレットです。

SNSで安否確認する

FacebookやLINEといったSNSで、家族や友人知人の安否を確認したり、自分の状況を知らせたりすることができます。

具体的な使い方は、以下のウェブサイトで確認することができるので、目を通しておきましょう。

災害用伝言板で安否確認する

災害用伝言版は、大規模な災害が発生した場合に、スマホなどで安否確認ができるサービスです。

気象警報・注意報を確認する

災害発生時は、気象庁が発表する気象警報・注意報を常に確認しておくことも大切です。

住んでいる地域の自治体の災害情報ホームページを確認する

自治体の多くは、災害情報ホームページを持っています。

災害発生時は、住んでいる地域の自治体の災害情報ホームページを確認し、被害の状況や予測される二次災害、支援の状況などの情報を得ておく必要があります。

事前に、スマホやタブレットでお気に入りページに登録しておくと、いざ災害が発生した時にすぐアクセスすることができます。

誤った情報や古い情報に要注意

災害発生時は、様々な情報が飛び交いますが、その中には、誤った情報や古い情報も含まれています。

特に、Facebook、Twitter、LINEなどのSNSは、災害発生時の貴重な情報源である一方で、誤った情報や古い情報が拡散される危険性が高いものです。

また、人づてに聞いた情報も、情報源がはっきりしなかったり、伝言ゲームになって不正確な内容が伝わったりすることがあります。

情報提供者が善意で拡散・伝達していたとしても、結果的に避難の遅れや被害の拡大につながってしまうことは少なくありません。

災害発生時は、強いストレスを感じているため冷静な判断をすることが難しく、都合の良い情報に飛びついてしまいがちですが、入手した情報を鵜呑みにせず、複数の人から話を聞いてみたり、ニュースや自治体の災害情報を見たりして確認するようにしましょう。

関連記事

災害時のSNSによる情報爆発のメリットとデメリットは?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る