災害と気象警報・注意報

火山噴火による災害の種類は?火山灰と噴石、溶岩流と火砕流の違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
火山噴火 災害

スポンサーリンク

火山が噴火すると、噴石、火山灰、溶岩流、火砕流など様々な火山現象が発生し、周辺地域に甚大な人的・物的被害をもたらします。

この記事では、火山噴火に伴って災害を発生させる火山現象について紹介します。

火山噴火による災害

火山噴火に伴って災害を引き起こすおそれがある現象としては、噴石、火山灰、溶岩流、火砕流、泥流などがあります。

火山噴火災害:噴石

噴石とは、火山噴火に伴って火口から噴出する固形物のうち、火山灰と溶岩以外ものの総称です。

噴石は、大きさによって大きな噴石(火山岩塊)と小さな噴石(火山礫)に分類されます。

また、火山灰も火山噴火によって火口から噴出しますが、大きさの違いで噴石と区別されています。

大きな噴石 粒径64mm以上
小さな噴石 粒径2mm~64mm未満
火山灰 粒径2mm未満

大きな噴石

大きな噴石は、通常、火口から約2~4kmの範囲に降り注ぎます。

爆発的な噴火に伴って火口から噴出して、風の影響を受けずに弾道を描いて飛び、登山者や建物などに激突して被害を生じさせます。

噴石の大きさや形によっては、屋根を突き破ったり、道路をへこませたりすることもあり、人に当たると命を落とす危険が高いものです。

小さな噴石

小さな噴石は、小さい分だけ1つ1つの破壊力は小さいものの、風に乗って火口から10km以上も遠方まで飛び、広範囲に被害をもたらします。

小さいとはいえ、人、建物、土地、道路、電車、車などに当たると大きな被害をもたらし、当たり所によっては命の危険があります。

火口から離れた市街地などにも被害をもたらすため、大きな噴石よりも私たちの日常生活に及ぼす影響が大きいものです。

火山灰

火山灰とは、火山の噴火によって噴出される固形物のうち直径2mm以下の破片です。

引用:防災ノート

火山灰は、風に乗って数十kmから数百km以上も遠方に降り注ぐこともあり、交通麻痺、農作物への被害、ライフラインなどへの影響を広範囲に及ぼします。

また、目、鼻、喉、気管支などに火山灰が入ると、痛みやかゆみ、呼吸器疾患などの健康被害をもたらすこともあります。

なお、「灰くらい、大したことはない。」と思っている人が一定数います。

特に、降灰がない地域に住んでいる人は、火山灰の影響を過小評価する傾向が顕著です。

確かに、噴石や溶岩流、火砕流など他の火山活動のように、火山灰ですぐ命を落とすことはありません。

しかし、火山灰は、木や紙を燃やしてできる灰とは違います。

甘く見ると様々な被害をもたらすことを認識しておかないと、降灰被害に遭ってから後悔することになってしまいます。

気象庁も、火山灰による被害の大きさや防災対策の重要性を考慮し、噴火警報などとは別に「降灰予報」という予報を設定しています。

降灰予報をこまめに確認し、火山灰用の防災グッズを備えておくようにしましょう。

噴石と火山灰の違い

すでに書いたとおり、噴石と火山灰の違いは、1粒の大きさです。

大きな噴石が粒径64mm以上、小さな噴石が粒径2mm~64mm未満、火山灰が粒径2mm未満です。

関連記事

降灰予報とは?降灰情報で火山灰に備える方法!

溶岩流

溶岩流とは、火口から噴出したマグマが液体のまま地表へ流れ下りるものです。

溶岩流の温度は成分によって異なります(玄武岩質で1050~1200℃、安山岩質で1000~1100℃)が、いずれにしても高温で、溶岩流が流れた場所に合った建物、農地、森林、人、車などは、焼失するか、冷え固まった溶岩の下に埋没します。

流れる速さは、玄武岩質の溶岩流で最高時速10kmを超えることがありますが、通常は人の歩く速さより遅いことが多く、徒歩で避難することが可能です。

ただし、地形によって流れる速さが変化するため、事前に避難しておくことが大切であることに変わりはありません。

火砕流

火砕流とは、火山噴火に伴う土砂移動現象の一つで、噴出した固形物(高温の岩塊や火山灰など)と気体(空気や水蒸気など)が混ざった状態で山の斜面を流れる現象です。

火砕流の温度は数百℃から1000℃近く、火砕流が流れた地域の建物、農地、森林、人、車などは焼失または埋没します。

溶岩流と比較して流れ下りるスピードが速く、時速数十kmから100kmを超える場合もあります。

つまり、火砕流が迫ってから徒歩で避難することは困難であり、事前に噴火警報などを確認し、適切な時期に避難しておかなければなりません。

火砕流と溶岩流の違い

火砕流も溶岩流も、流れた地域が焼失または埋没して大きな被害を受けますが、2つの火山現象には違う点もあります。

溶岩流は、マグマが液体のまま地表へ流れ下りる現象ですが、火砕流は火山噴火で噴出した固形物と気体が流れる現象であり、成分が異なります。

また、温度は溶岩流の方が高く、流れる速さは火砕流の方が速くなっています。

融雪型火山泥流

融雪型火山泥流とは、積雪期における火山噴火に伴う火砕流などにより、山の斜面の雪が融けて大量の水が発生し、土砂や岩石を飲み込んで斜面を流れ下りる現象です。

融雪型火山泥流は、スピードが時速約60kmと速い上に、遠方まで流れて広範囲の建物、農地、道路などを埋没させる被害をもたらします。

積雪が多く、活火山が近くにある地域で生活している場合は、特に注意が必要です。

スポンサーリンク

火砕流と同様、融雪型火山泥流が迫ってから避難しても逃れることは困難であり、事前に避難しておく必要があります。

火山ガス

火山ガスとは、火山の火口や噴火口から出る火山噴出物のうち、マグマに溶けていた水蒸気、二酸化炭素、二酸化硫黄、硫化水素などの気体が放出される現象です。

毒性を持つ成分、酸欠に陥る、高熱などが人体に悪影響を及ぼすおそれがあります。

火山ガスは、必ずしも火山噴火に伴って生じるとは限らず、恒常的または間歇的に火山ガスを噴出するものの噴火はしないという火山も少なくありません。

気象庁は、火山ガス予報という予報を設定しています。

火山ガス予報は、火山噴火に伴って有毒の火山ガスが放出された場合に、火山ガス濃度が高くなると予想される地域を知らせる予報です。

噴火警報や噴火予報とは別に発表されるため、こまめに確認し、必要に応じて避難を検討しなければなりません。

土石流や泥流

火山噴火によって噴出した噴石や火山灰が堆積した地域では、雨が降ると土石流や泥流が発生するリスクが高いものです。

大雨でなく数mm程度の雨であっても土石流や泥流が発生するおそれがあるため、注意が必要です。

土石流や泥流は高速で斜面を流れ下り、下流地域に大きな被害をもたらします。

関連記事

土砂災害とは?警戒区域・特別警戒区域・危険箇所の違いと調べ方は?

火山噴火に備えるための情報

火山噴火に伴う火山現象は、いずれも大きな被害をもたらします。

被害を最小限に抑えるためには、事前に火山噴火に関する情報を入手し、適切な時期に適切な方法で避難することが大切です。

気象庁は、火山噴火やそれに伴う火山現象について様々な情報を発表しています。

気象庁が火山噴火などに関して発表している主な情報は、以下のとおりです。

噴火警報・予報 火山噴火に伴う諸現象による被害を抑えるために発表される
火山の状況に関する解説情報 火山活動が活発な場合などに、観測情報を踏まえて注意事項や警戒事項を説明
火山活動説明資料 火山活動の状況や警戒事項について、定期または臨時に解説
降灰予報 火山噴火により広範囲に火山灰が降ることが予測される場合に発表される
火山ガス予報 火山噴火によって有毒の火山ガスが放出され、火山ガス濃度が高まると予想される地域に発表される

【参考】

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る