防災の基礎知識

高齢者の防災対策!災害への備えは防災訓練参加や防災グッズ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
高齢者 防災対策 備え 避難

スポンサーリンク

災害の被害を最小限に抑えるには、平時から防災対策をしておくこと、つまり災害への備えをしておくことが大切です。

高齢者の場合、個人差はありますが、身体機能や認知機能が衰えにより、避難に時間がかかったり、状況に応じた冷静な判断が困難であったりすることがあります。

そのため、家族や周囲の人と協力しながら防災対策を徹底して災害に備えておくことが大切です。

高齢者が一人で防災に備えることが難しい場合、家族や支援者がサポートしてあげなければなりません。

この記事では、高齢者の防災対策(災害の備え)について紹介します。

高齢者の防災対策(災害の備え)

高齢者の防災対策(災害の備え)として平時から実践しておきたいことは、以下のとおりです。

  • 家の中の安全対策
  • 連絡先の確認
  • 避難場所の確認
  • 防災グッズの準備
  • 地域の情報収集
  • 避難行動要支援者名簿に登録
  • 地域住民との交流
  • 地域の防災訓練への参加

具体的な内容について、確認していきましょう

高齢者の防災対策:家の中の安全対策

まず、家の中の安全を確保するための対策から始めましょう。

室内になるべく物を置かない

地震発生時、身の回りに危険な物があるとケガをするリスクが高まります。

落下したり、ぶつかってケガをしたりする可能性のある物はできるだけ身の回りから離れた場所に収納しておきましょう。

よく使う物までしまい込むと日々の生活が不便になるため、家の中の1室だけなるべく物を置かない部屋を決めておき、緊急地震速報などが発表されたらその部屋へ避難する方法もあります。

家具類の配置を考える

部屋の出入口、玄関や勝手口のドア付近、ベランダの窓付近、通路に家具類を置くと、災害発生時に倒れて避難経路を塞いでしまうリスクがあります。

また、窓ガラスの近くに置くと、倒れてガラスを割るリスクがあります。

そのため、こうした場所に家具類を配置していないか確認し、必要に応じて場所を異動させてください。

また、食器類など落下する危険がある物は戸棚にしまうか、頭より高い位置に置かないにします。

石油ストーブは、火災発生の原因となりやすいため、十分にスペースがあり、周りに燃える物が少ない場所で使用してください。

家具類を固定する

家具類の固定も大切な防災対策です。

地震発生時に転倒、落下、移動する可能性がある家具は、固定したり滑り止めをつけたりしておきましょう。

家具の種類 防災対策
テーブル、イス、コタツなど
  • 粘着マットや滑り止めマットを敷く
キャスター付き家具
  • キャスターのロック
  • キャスターを外す
  • 下皿、ボール式器具で固定
  • ベルトなどで床や壁に固定
照明(吊り下げ式)
  • チェーンやワイヤーで天井や壁に固定
テレビ・パソコン
  • ラックにベルトで固定
  • ラックはL字型金具で壁に固定
電子レンジ
  • L字型金具で壁に固定した台上に粘着マットなどで固定
冷蔵庫
  • ベルト式器具で壁に固定

(冷蔵庫の上に物を置かないことも重要)

食器棚、本棚、タンスなど
  • 転倒時に通路を塞がない場所に設置
  • L字型金具で壁に固定
  • 突っ張り棒で天井に固定
  • ストッパーを噛ませる
ベッド
  • 脚に粘着マットを敷く
  • 壁掛け時計、照明、額縁などが落下してこない位置に設置

ガラスには飛散防止フィルムを貼る

災害時にガラスが割れると、飛散した破片でケガをするだけでなく、床に散らかった破片を踏んでケガをするリスクもあります。

特に、深夜に地震が発生して窓ガラスが割れ、床に散らばった破片で足の裏をケガをするケースが多くなっています。

窓などのガラス部分には飛散防止フィルムを貼り、割れて飛散するのを予防しておきましょう。

強化ガラスに交換する方法もありますが、費用がかかるため、要検討です。

また、強化ガラスでも100%割れないわけではないため、飛散防止フィルムは貼っておきます。

関連記事

地震による建物の倒壊防止、安全な室内環境整備の方法は?

高齢者の防災対策:連絡先の確認

災害は、家族が揃っているときに発生するとは限りません。

家族が別々の場所にいるときに災害が発生した場合に備え、家族の連絡先を確認しておきましょう。

確認しておきたい連絡先は、以下のとおりです。

  • 家族全員の電話番号
  • (利用していれば)LINEなどSNSのアカウント
  • 避難予定場所とその連絡先

高齢者の防災対策:避難方法の確認

災害発生時の避難方法について、家族で共有しておくことも防災対策です。

高齢者と同居している場合だけでなく、同じ地域に居住している場合なども、避難方法を確認しておくことで災害時に合流しやすくなります。

避難方法で確認しておきたいのは、以下の内容です。

  • 合流場所(避難場所)
  • 避難経路
  • 合流する具体的な時間と場所
  • 避難を支援してくれる予定の人の氏名、住所、連絡先

合流場所(避難場所)

家族が一緒にいる時に災害が発生するとは限りません。

仕事、学校、デイサービスなど家族がバラバラの場所で過ごしているときに災害が発生した場合に備え、合流場所を決めておきます。

自宅から近い避難場所を合流場所にするのが一般的ですが、同じ地域に住む高齢の親などと合流する場合、高齢者が一人で移動する距離ができるだけ短くなる避難場所を合流場所に決めておくと安心です。

ただし、子どもの学校、同居家族に障害者や乳幼児がいる場合は、それらの事情も考慮して慎重に合流場所を選択しなければなりません。

なお、被災状況によっては、決めておいた合流場所に辿り着けないことがあります。

そのため、第2候補または第3候補まで決めておくようにしましょう。

関連記事

スポンサーリンク

高齢者の避難所生活!被災地・避難場所における高齢者の支援・ケア

避難経路

合流場所だけでなく、そこへ行くまでの避難経路の確認も大切です。

高齢者でも無理なく歩くことができるよう、舗装されており、坂が少なく、人が十分に通ることができる幅があり、曲がる回数が少なく、倒壊しやすい建物や川の近くを通らない経路を探してください。

できるだけ実際に避難経路を家族と一緒に歩き、高齢者が無理なく歩くことができるかどうかを確認します。 

合流場所と同様、避難経路が使えなくなる場合を想定して第2候補または第3候補まで決めておきます。

合流する具体的な場所と時間

避難場所には大勢の人が殺到するため、合流場所を決めていても人込みに紛れて合流に時間がかかることがあります。

特に、高齢者の場合、体力や身体機能の関係で長時間同じ場所で家族を待ち続けるのは困難です。

そのため、避難場所を下見しておき、具体的な合流場所や合流する時間も具体的に決めておくことが大切です。

避難時に時間を守って行動することは意外と難しいため、合流時間については「午前3時から午後5時」などと1~2時間程度の余裕を持たせておきましょう。

大規模災害が発生すると、災害発生当日に合流できないことも珍しくないため、災害発生翌日以降も同じ時間に待つことを確認しておきます。

避難を支援してくれる予定の人の氏名、住所、連絡先

身体機能や認知機能が低下して一人で避難することが困難な高齢者の場合、他人のサポートを受ける必要があります。

高齢者が家族と別居している場合、近隣住民や施設職員などに災害発生時の避難のサポートを依頼することになりますが、支援予定の人の氏名、住所、連絡先については家族も把握しておきましょう。

関連記事

高齢者の災害時の対応!避難情報の種類と時期、避難(誘導)の方法は?

高齢者の防災対策:防災グッズの準備

災害対策として多くの人が思い浮かべるのが防災グッズの準備です。

高齢者の場合、一般的な防災グッズに加え、高齢者の心身の状態に応じた物品を備えておく必要があります。

家族で相談しながら防災セットに入れておく物を決めてください。

高齢者用の防災グッズ(緊急時用)セット

高齢者用の緊急時用グッズに入れておきたいのは、以下の防災グッズです。

  • 懐中電灯(スマホ)
  • 手袋
  • 折り畳み式スリッパ
  • ホイッスル
  • 救急セット
  • 携帯用ポーチ
  • 補助器具:入れ歯、メガネ、老眼鏡、杖、補聴器など
  • 常用の薬
  • お薬手帳
  • 家族の連絡先と住所を書いた紙
  • 携帯用ポーチ

関連記事

防災グッズの中身一覧!被災者が勧める最低限の備蓄品は?

高齢者用の防災グッズ(非常時持出し袋)

  • 水・非常食
  • 歯磨き(入れ歯洗浄剤)
  • ヘルメット
  • 雨具
  • 手袋
  • マスク
  • ヘッドライト
  • ハザードマップ・周辺地図
  • スマホ・モバイルバッテリー・充電器・充電池・携帯ラジオ
  • 救急セット
  • レジ袋(ビニール袋)
  • 下着
  • 携帯式トイレ
  • 身分証明書・貴重品
  • 緊急時用ポーチ(防災グッズ(緊急時用)一式を入れたもの)
  • リュックサック
  • 介護用品(介護おむつなど)
  • 車いす
  • 椅子

高齢者の防災グッズについては、関連記事で詳しく紹介しています。

関心がある人は、読んでみてください。

関連記事

高齢者の防災グッズ!災害に備えるおすすめ防災セット一覧!

高齢者の防災対策:避難行動要支援者名簿に登録

避難行動要支援者名簿とは、災害時に高齢者などの要支援者を支援する目的で各自治体が作成する名簿です。

災害対策基本法に基づいて設けられた制度の一つです。

法律上、避難行動要支援者名簿を作成することは自治体の義務であり、全国の自治体が名簿を作成しています。

名簿に登録すると、民生委員、消防機関などの支援者が、日常的に見守りをしてくれる他、災害発生時には避難の連絡や避難誘導などの支援をしてくれます。

高齢者の防災対策:地域の情報収集

地域の情報収集も大切な災害対策です。

まずは、住んでいる地域の市区町村役場を訪問し、防災ハザードマップを入手しましょう。

地域によっては防災マップとハザードマップを個別に作成しているところもあるため、その場合は両方を入手してください。

防災ハザードマップには、災害時の避難で役立つ情報が掲載されています。

  • 自然災害ごとの被害の範囲・程度
  • 避難ルート、避難所、災害時拠点病院

その他、住んでいる地域が予定している災害発生時の対応についても把握しておきます。

防災は国の施策ですが、その対応は自治体によって大きく異なります。

そのため、一般的な防災情報だけでなく、住んでいる地域の防災の取組みについて具体的に把握し、自分が利用できるものを確認しておくことが大切です。

自治体が発行する防災冊子を読み込む、地域の防災訓練に参加するなど、高齢者が無理なくできる方法で情報を収集し、必要に応じて家族などが支援してあげます。

また、防災ハザードマップや地域の防災情報について、家族で共有しておくことも大切です。

高齢者の防災対策:地域住民との交流

平時から地域の人と交流し、人と人のつながりを作っておくこと災害への備えとして大切なことです。

高齢者に限ったことではありませんが、避難時に周囲の支援を要する高齢者の場合、日頃から地域の人と関わっておくことで、被災したときに「◯◯さんがいない。」、「◯◯さんは無事に避難できただろうか。」などと気にかけてもらうことができますし、避難を支援してもらいやすくなります。

高齢者の防災対策:地域の防災訓練に参加

国が防災を施策として推進していることに加え、相次ぐ災害を目の当たりにすることで日本人の防災意識は高まっています。

国だけでなく、各自治体、町内、職場や学校など様々なところで防災訓練が実施されています。

シェイクアウト訓練など多くの人が参加する訓練もあるため、無理なく参加できる防災訓練を探してみましょう。

地域の防災訓練に参加することで、地域住民との交流することもできます。

関連記事

シェイクアウト訓練とは?シェイクアウトの意味と訓練法は?

 

スポンサーリンク