災害を知って、備えて、生き抜く!

NBC災害とは?CBRNE災害との違いは?対応はゾーイング、防護、除染が基本

NBC災害 防護服

私たちの周囲で発生する災害は、自然現象によるものだけとは限りません。

例えば、東日本大震災に伴う原発事故、0157の大量発生、地下鉄サリン事件など様々な災害が発生し、多くの被害者が出ています。

これら災害はNBC災害と呼ばれ、対策が講じられています。

この記事では、NBC災害の概要、CBRNE災害との違い、NBC災害の具体例、NBC災害への対応について解説します。

NBC災害とは

NBC災害とは、特殊災害のうちNuclear(核)、Biological(生物)、Chemical(化学)に関する災害の総称です。

NBCは、本来は大量破壊兵器の分類に関する軍事用語であり、核兵器・生物兵器・化学兵器(VX、サリン、塩素ガス、マスタードガスなど)を総称してNBC兵器と呼びます。

しかし近年は、放射性物質・細菌やウィルス・化学物質などによって生じた通常の災害とは異なる特別な災害をNBC災害と呼ぶようになっています。

例えば、原発事故や放射性物質の漏洩(N)、最近やウィルスの意図的散布や自然蔓延(B)、化学工場における事故や化学物質の漏洩などがNBC災害と呼ばれます。

MEMO

特殊災害:原発事故や石油コンビナート事故などの人為災害が広域化したものや、重油流出事故など人為災害が広域災害化したもの、自然災害によって引き起こされた災害など

特殊災害には、本来、チェルノブイリ原子力発電所事故のような、局所的である人為災害が広域化したもの、重油流出事故のように、人為的災害でありながら広域災害化したもの、台風による豪雨と森林伐採による自然災害が相まって引き起こされた泥流災害のようなものが含まれる。

NBC災害とCBRNE災害の違い

CBRNE災害とは、NBC災害のNuclear(核)からRadiological(放射性物質)を分離し、Explosive(爆発物)を追加した災害の総称です。

つまり、CBRNE災害は、NBC災害を元にして作られた災害に関する新しい概念です。

NBC災害が軍事用語から派生したことは解説したとおりです。

一方のCBRNE災害は、近年頻発している無差別テロなどのリスクに対する分類として作られた概念で、主にテロ対策や民間防衛の文脈で用いられます。

世界的にはテロなどの増加に伴ってNBC災害よりもCBRNE災害が一般的になっていますが、日本の自治体などはNBC災害を使用しているところが多いままです。

MEMO
  • 核兵器:原子爆弾や水素爆弾など、核爆発を伴う兵器
  • 生物兵器:炭そ菌など細菌やウィルスから生成される毒素を用いた兵器(や人体に有害な細菌やウィルスの意図的散布)
  • 化学兵器:VX、サリン、塩素ガス、マスタードガスなど人体に有害な作用を生じさせる化学剤を用いた兵器

NBC災害の具体例

NBC災害の具体例について確認していきます。

NBC災害:Nuclear(核)

NBC災害(Nuclear)による災害の代表的なものは、1945年8月6日の広島市への原爆投下と同年8月9日の長崎市への原爆投下です。

世界で初めて核兵器が実戦使用され、広島市で約14万人が、長崎市で約7万5000人が死亡した上、極めて甚大な放射線被爆による被害が出ました。

NBC対策が確立されていなかったことが被害拡大の一因とされています。

NBC災害:Biological(生物)

NBC災害(Biological)による災害の例としては、2010年に宮崎県で発生した口蹄疫の流行を挙げることができます。

2010年3月に口蹄疫の流行が発生し、同年7月4日に収束が確認されるまでの間に牛・豚・水牛合計29万7808頭が殺処分され、畜産関連を中心に莫大な損失が発生して地域経済に深刻な影響を及ぼしました。

NBC災害:Chemical(化学)

NBC災害(Chemical)による災害の代表例は、松本サリン事件と地下鉄サリン事件です。

松本サリン事件(松本市内における毒物使用多数殺人事件)とは、1994年6月27日、長野県松本市の住宅街で、オウム真理教の教徒らによって「サリン(神経ガス)」が散布された事件です。

平時において、しかも一般市民に対して無差別に化学兵器レベルの毒物が使用された世界初の事件であり、死者8人、重傷者660人という被害が出ました。

地下鉄サリン事件(地下鉄駅構内毒物使用多数殺人事件)とは、1995年3月20日、東京都を走る地下鉄車両内で、オウム真理教の教徒らによってサリンが散布された事件です。

平時の大都市で一般市民に対して無差別に化学兵器レベルの毒物が使用された世界に例を見ない事件であり、乗客、乗務員、係員、救助者などに死者14人、負傷者6000人以上という被害が出ました。

NBC災害への対応

NBC災害への対応では、自然災害発生時における集団災害対応だけでなく、ゾーイング、防護、除染が行われます。

ゾーイング

ゾーイングとは、災害発生現場と後方地域を区分することです。

NBC災害発生時には、放射性物質・生物剤・化学剤などの汚染拡大による二次災害の予防と、被災者の動線整理や救助・救護活動を効率的に行うために、ホット・ゾーン、ウォーム・ゾーン、コールドゾーンを設定します。

ホット・ゾーン 放射性物質などの危険物が存在するゾーン
ウォーム・ゾーン 危険物は存在しないが、汚染された人や物が存在する、または存在するおそれのあるゾーン
コールド・ゾーン 危険物や汚染から隔離されたゾーン

防護

危険物汚染による二次災害を防止するため、NBC災害に対応する人には危険物に応じた防護措置が施されます。

例えば、NBC災害に対応する人は、危険物と身体を遮蔽するための防護服(レベルA~Dまで4段階)の着用します。

また、原則として、ホット・ゾーンやウォーム・ゾーンの滞在時間を最小にし、ホット・ゾーンでできる処置はできる限りコールド・ゾーンで行われます。

除染

除染とは、放射能物質・生物剤・化学剤などの危険物の体内への取り込みを減らすとともに、二次感染を防止するために行う作業です。

主な除染方法としては、脱衣(乾的除染)、シャワー(水除染)、拭き取り除染があります。

【参考】