防災の準備

スポンサーリンク

災害は、いつ発生するか分からず、人の力で発生を止めたり遅らせたりすることができません。

地震で言えば、近い将来、南海トラフ巨大地震や首都直下型地震が高い確率で発生すると言われており、数十年後、数年後、数か月後、数日後に発生して、大きな被害をもたらす可能性があります。

いざ被災した時にどのような行動がとれるかは、事前にどれだけ防災意識を持ち、災害に備えていたかによって大きく異なります。

自分が被災することなど想像もしておらず何の準備もしないまま被災すると、適切な避難行動がとれず被害が拡大するリスクが高いですし、被災後の生活もままならないでしょう。

また、そうした状況に絶望したり、パニック状態に陥ったりすることもあります。

一方で、被災した時のことを具体的にイメージし、防災の知識を蓄えたり、できる限りの備えを行ったりしておけば、たとえ大きな災害に見舞われても、冷静さを失わず、自分や家族、周りの人を守るための最善の行動がとれるはずです。

スポンサーリンク