災害を知って、備えて、生き抜く!

震度とは?マグニチュードの違いと震度の段階は?最大震度は7か8?

震度 マグニチュード 違い

大地震が発生すると、ニュースで「震度」や「マグニチュード」が繰り返し報道されますが、両者の意味や違いを正しく理解している人は限られています。

最大震度が「震度8」や「震度10」だと誤解している人も多いものです。

この記事では、震度とは何か(震度の段階・階級、最大震度、感じ方)、マグニチュードとの違いについて解説します。

震度とは

震度とは、地震による地面の揺れ動きの強さを表す尺度です。

簡単にいうと、「ある場所における揺れの強さ」です。

震度の段階(震度階級)

日本では、気象庁などが規定した気象庁震度階級が用いられており、ほぼ揺れを感じない震度0から震度1、震度2、震度3、震度4、震度5弱、震度5強、震度6弱、震度6強、最大の震度7までの10段階が設定されています。

震度の観測は、以前は、観測員が体感や建物の被害状況などを階級表に当てはめるという主観的な方法で行われていました。

しかし、徐々に計器による観測が普及し、1996年の震度階級改定に伴って体感観測が廃止されて震度計による観測に移行しています。

なお、国際的には、12段階に分けた震度階級を用いている国が多くなっています。

最大震度は8や10ではなく「震度7」

最大震度は7です。

気象庁震度階級では震度7以上が設けられておらず、どれだけ揺れが強くても震度7となります。

防災の講義で「最大震度は何ですか」と質問すると、「震度8」や「震度10」と答える人が少なからずいますが、後述のマグニチュードと混同している人もいれば、単純に覚え間違っている人もいるようです。

震度5弱、震度5強、震度6弱、震度6強を廃止して震度0から震度10までの通し番号にした方が分かりやすいという意見もありますが、現時点で予定はありません。

震度ごとの感じ方

各震度の地震が起こった場合の感じ方について、まとめておきます。

震度階級 感じ方
震度0 揺れは感じない
震度1 静かな状況でわずかに揺れを感じることがある

震度2

静かな状況では揺れを感じる

寝ていても目を覚ますことがある

震度3

屋内にいると揺れを感じる

屋外でも揺れを感じることがある

眠っていても目を覚ます

震度4

屋内では揺れの強さに驚く

屋外でも揺れを感じる

眠っていても目を覚ます

震度5弱 揺れの強さに恐怖を覚える
震度5強 何かに掴まらないと歩けないなど行動に支障が出る
震度6弱 立っているのが難しい
震度6強

立っていられない

揺れに身体が翻弄される

震度7

※感じ方には個人差があります。

震度と緊急地震速報

緊急地震速報とは、気象庁が、地震発生直後に、強い揺れの到達時刻や震度を予想して迅速に発表する警報です。

緊急地震速報は、2地点以上の地震観測点で地震波が観測され、最大震度が5弱以上と予想される場合に、以下の情報が発表されます。

  • 地震発生時刻
  • 震源の推定値
  • 震源の震央地名
  • 震度5弱以上が予想される地域
  • 震度4が予想される地域名

また、緊急地震速報のうち、震度6弱以上が予想される場合は、特別警報に位置づけられています。

特別警報については、別の記事で詳しく解説しています。

特別警報とは?特別警報の種類と基準、発表時の行動は?

震度とマグニチュードの違い

震度と混同されやすい地震用語がマグニチュードです。

マグニチュード(magnitude)とは

マグニチュードとは、地震が発生させるエネルギーの規模を表す指標です。

簡単にいうと、「地震そのものの規模(強さ)」です。

マグニチュードが1大きくなるごとに、地震のエネルギーが約31.6倍になります。

つまり、マグニチュードが2大きくなると地震のエネルギーは約1000倍に、マグニチュードが1小さくなると地震のエネルギーが約30分の1になるのです。

MEMO
  • 阪神淡路大震災(1995年):マグニチュード7.3
  • 新潟県中越沖地震(2007年):マグニチュード6.8
  • 東日本大震災(2011年):マグニチュード9.0(世界の観測史上4番目の規模)
  • 熊本地震(2016年):マグニチュード6.5
  • 大阪府北部地震(2018年):マグニチュード6.1

震度とマグニチュードの違い

震度とマグニチュードの違いは、震度は観測地域によって数値が異なるのに対し、マグニチュードは観測地域に関わらず同じ数値になる点です。

震度は、「ある場所における揺れの強さ」であり、観測された場所によって異なります。

例えば、東日本大震災では宮城県栗原市が震度7、宮城県仙台宮城野区が震度6強、宮城県気仙沼市が震度6弱など、同じ県内でも異なる震度が観測されました。

一方のマグニチュードは、「地震そのものの規模(強さ)」であり、地域に関わらず1度の地震で出される数値は1つだけです。

例えば、東日本大震災はマグニチュード9.0であり、その他のマグニチュードはありません。

MEMO
  • 震度:「ある場所における地震の揺れの強さ」で、観測地域によって数値が異なる
  • マグニチュード:「地震そのものの規模(強さ)」で、1度の地震の数値は1つだけ

その他の地震用語

震度とマグニチュード以外の分かりにくい地震用語についても触れておきます。

前震、本震、余震

前震 一連の地震活動のうち本震の前に起こる地震(本震発生前に本震の震源域で発生)
本震 一連の地震活動のうち最大規模の地震
余震 本震に続いて同じ地域で発生する地震

一連の地震活動が収束した後で最大規模の地震を本震とし、その前に起こった地震を前震、本震の後の地震を余震とします。

つまり、後付けで決定されるものであり、地震発生直後は前震、本震、余震という区別はされていません。

また、ある地震が本震と発表された後にさらに大きな地震が発生すると、前震に修正されることがあります。

震源

震源とは、地震が発生した場所(地震によって断層が最初に破壊された場所)です。

地震が破壊した領域を震源域といい、基本的に地震の規模が大きいほど震源域も大きくなります。

例えば、東日本大震災の震源域は、南北約500km、東西約200kmにわたっています。

震源の深さ

震源は地面の下で発生するため、「経度・緯度」と地表から震源までの「深さ」で表されます。

例えば、東日本大震災の震源は、「北緯38度06.2分、東経142度51.6分、深さ24km」です。

基本的に、震源が浅いほど地表の揺れは激しく、揺れの範囲は狭くなり、震源が深いほど地表の揺れは小さく、揺れの範囲は大きくなります。

ただし、東日本大震災の場合、震源は深さ24kmと深からず浅からずですが、マグニチュードが9.0と大きかったため、非常に広範囲が揺れ動くことになりました。

MEMO
  • 震源が浅い:地表が激しく揺れ動くが、地震の範囲は狭い
  • 震源が深い:地表の揺れは緩やかだが、地震の範囲は広い

震源と震央・震源地

震源と混同されやすいのが震央(震源地)です。

震央とは、震源の真上の地表部分のことです。

震央という用語では具体的なイメージをしにくいため、ニュースでは震源地が用いられています。

【参考】

気象庁|震度と加速度