防災の基礎知識

住宅の浸水対策(水害対策)!止水板や土のうなど家庭でできる浸水対策!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
住宅 浸水対策 家庭

スポンサーリンク

近年、局地的な集中豪雨や台風などによる住宅の浸水被害(水害)が頻発しています。

浸水被害を最小限に抑えるためには、平時から住宅の浸水対策をして備えておくことが大切です。

住宅の浸水対策と聞くと、「一般家庭で何ができるのか。」、「浸水対策工事など費用がかかるのではないか。」などと思うかもしれませんが、本格的な浸水対策工事だけでなく、一般家庭で手軽に実践できる方法もたくさんあります。

この記事では、住宅の浸水対策の流れ、浸水対策の準備、具体的な浸水対策について紹介します。

住宅の浸水対策(水害対策)の流れ

住宅の浸水対策(水害対策)は、住宅の立地や構造などによって異なります。

洪水ハザードマップで住んでいる地域の浸水リスクを確認

住宅の浸水対策の第一歩は、住んでいる地域で浸水(水害)が発生するリスクを洪水ハザードマップで確認することです。

洪水ハザードマップとは、水道の整備基準を上回る大雨が降った場合に予想される浸水の範囲や程度を地図上に表示するとともに、過去の浸水地域や避難場所の位置などを表記した地図のことです。

自治体によって、「内水ハザードマップ」、「浸水ハザードマップ」、「浸水予想区域図」など名称が異なることがあるため、注意が必要です。

全国の自治体が管轄地域の洪水ハザードマップを作成し、自治体のウェブサイト上で公開したり、窓口で交付したりしているため、いずれかの方法で入手してください。

ハザードマップの記載以上の詳しい情報を知りたい場合は、自治体の土木担当課(名称は自治体によって異なる)に問い合わせると、過去の浸水実績を教えてもらえることがあります。

電話で受け付けてもらえる自治体もあれば、直接窓口を訪問する必要がある自治体もあるため、事前に確認してください。

また、国土交通省ハザードマップポータルサイトでも住んでいる地域の洪水ハザードマップを確認することができます。

住宅の立地を確認

ハザードマップで住んでいる地域の浸水リスクを確認しますが、住んでいる地域の浸水リスクが低く、過去に浸水したことがなくても安心はできません。

例えば、高台に住んでいたとしても、地域内で相対的に低い場所に住宅が建っている場合、水が流れ込んできて浸水被害を受けるリスクがあります。

住宅の構造を確認

住宅の構造も、浸水被害の受けやすさに影響を及ぼします。

浸水被害を受けやすいのは、地下や半地下など道路面よりも下に駐車場、居室、倉庫、玄関などがある住宅です。

当たり前の話ですが、水は高いところから低いところへ流れます。

台風や集中豪雨の影響で、下水管の排水限界量を超える量の雨が降って道路が冠水した場合、水は道路面よりも低い地下や半地下などに流れ込みます。

関連記事

内水氾濫とは?原因と対策、避難は?外水氾濫との違いは?

住宅の浸水対策(水害対策)の準備

住宅の浸水対策(水害対策)について、具体的に確認していきましょう。

住宅の浸水対策は、大雨が降り始めてから対応したのでは手遅れになりがちです。

そのため、洪水ハザードマップや住宅の構造を確認して少しでも住宅が浸水するリスクがある場合、住宅が浸水被害に遭うことを想定して備えておくことが大切です。

一般家庭で手軽にできる浸水に対する備えは、防災アプリのダウンロード、浸水対策グッズの準備、住宅周辺の環境整備です。

防災アプリのダウンロード

防災アプリとは、地震情報、豪雨予想、避難情報など災害関連情報を効率的に収集できるアプリです。

台風や集中豪雨が発生した場合、住んでいる地域の災害関連情報を迅速に入手し、状況に応じた適切な対応を行うことが何よりも大切です。

つまり、住んでいる地域の現在の状況と今後の予想、避難の要否などに関する正確な情報を早く入手し、情報に基づいて避難するか否か、住宅の浸水対策をするか否かを判断することが求められるのです。

テレビ、ラジオ、インターネットなども貴重な情報源ですが、住んでいる地域に絞った情報を得にくいことが多いものです。

防災アプリは、住んでいる地域を登録しておけば、災害発生時にはその地域の災害関連情報を自動的に配信してくれるものがあり、テレビなどよりも確実かつ迅速に必要な情報を得ることができます。

なお、自治体の災害情報メール配信サービスに登録したり、TwitterなどのSNSを活用したりして情報を収集する方法も効果的です。

関連記事

無料防災アプリのおすすめ5つ!Yahoo!やNHKアプリは便利?

浸水対策グッズの準備

一般家庭が備えて置きやすい浸水対策グッズは、土のうと止水板です。

浸水対策グッズ:土のう

土のう(どのう、土嚢)とは、堤防や壁を作るために使用する土を入れた袋です。

浸水対策グッズとして備えて置く場合、水を吸って膨らむ吸水土のう袋が便利です。

吸水土のう袋は、吸水ポリマー製の土のう袋で、吸水前は100~200g前後で薄い段ボールのような形状をしていますが、水を吸うと膨張して15kg前後の土のうに変わります。

保管スペースを取らず、天日干しすれば再びしぼんで薄くなるため、家庭に備え置きやすい土のうです。

なお、地域内に土のうステーション(災害時に使用できる土のうが置いてある場所)を設置している自治体もあります。

スポンサーリンク

住宅周辺に土のうステーションが設置されている場合、平時は土のうの備え置きをせず、浸水被害が予想された段階でステーションまで土のうを取りに行くこともできます。

浸水対策グッズ:止水板

止水板とは、大雨が降った場合などに、建物や地下へ水が流れ込むのを防ぐために設置する板です。

企業や官公庁が備えている止水板は高額ですが、一般家庭用に比較的安価で購入できる止水板も販売されています。

また、防災グッズとしての止水板を購入しなくても、テーブルやコタツの天板などを玄関に設置し、簡易の止水板として使用することもできます。

住宅周辺の環境整備

住宅周辺の環境整備としては、雨水ますの清掃や障害物の除去です。

雨水ますの清掃

雨水ますが落ち葉やゴミなどで詰まっていると、道路上の水がますの中へ流れ込まず、道路に溜まってしまいます。

住宅周辺の雨水ますを確認し、詰まっていれば落ち葉などを取り除いておきましょう。

障害物の除去

道路上にカーステップやプランターなどを設置していると、水が雨水ますへ流れ込む妨げとなり、水が溜まる原因になります。

雨水の流れの障害となる物は事前に取り除いておきましょう。

住宅の浸水対策(水害対策)

住宅が浸水する経路には、道路に溢れた水が玄関などから侵入してくる場合と、トイレや排水溝から水が逆流して侵入してくる場合があり、それぞれ対応が異なります。

浸水対策
  • 玄関や勝手口の前に、隙間ができないように土のうを並べる
  • 玄関や勝手口の前に、止水版を設置する
逆流対策
  • トイレの便器の中に土のうを入れる
  • 浴室、浴槽、洗濯機の排水溝などの上に土のうを乗せる

吸水土のう袋や止水版を備え置いておらず、近くに土のうステーションもない場合、身近にある物を土のうや止水板の代わりに使って浸水を防がなくてはなりません。

段ボールとゴミ袋(水のう用)

水のうとは、水をゴミ袋などに入れ、土のうの代わりに使用するものです。

水のうを段ボール箱に入れて玄関先などに並べたり、水のうを排水溝の上に置いたりすれば、土のうや止水板の代わりになります。

水のうの作り方は、以下のとおりです。

  1. ゴミ袋を2枚重ねにする(破れないようにするため)
  2. ゴミ袋の中に水を入れる
  3. 空気を押し出してゴミ袋の口を縛る

土のうの代わりとしての性能と持ち運びやすい重量の2点から、40~45Lのゴミ袋がちょうど良いでしょう。

レジャーシート

レジャーシートは、ポリタンクやプランターなどを包んで縛ることで、土のうや止水板の代わりになります。

また、排水溝の上にレジャーシートを敷き、重しを乗せておけば、逆流による浸水を防止することもできます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る