災害を知って、備えて、生き抜く!

スマホで防災対策!スマホ充電器と防災アプリで災害に備える!

スマホ 防災対策 充電器 防災アプリ

近年、災害時におけるスマホの有用性が注目されています。

実際、被災者の多くが情報収集や安否確認などにスマホを活用しており、災害発生時の必需品とまで言われるようになっています。

しかし、平時からスマホを持ち歩いている人は多いですが、それだけでは災害への備えとして十分とは言えません。

この記事では、災害時におけるスマホの有用性と、災害時のスマホ活用に必要な3つのことについて解説します。

災害時におけるスマホの有用性

災害時におけるスマホの有用性には、以下のようなものがあります。

多くの人が持ち歩いている

災害は、いつどこで発生するか分かりません。

そのため近年は、自宅や会社に防災グッズを備えておくだけでなく、0次の備えとして防災グッズ(防災ポーチ)を持ち歩くことが推奨されています。

ラジオなどの情報機器を常備する人は多くありませんが、スマホは、多くの人が普段から持ち歩いており、災害発生時には防災グッズとして機能します。

つまり、スマホを持ち歩くことが0次の備えになっているのです。

災害情報や避難情報を簡単に入手できる

ネット環境にあれば、テレビやラジオがなくても、スマホで必要な情報を検索して入手することができます。

防災アプリをダウンロードして地域設定などをしておけば、必要な災害情報や避難情報が自動で通知され、検索さえ最低限で済みます。

以前は、災害の影響で契約キャリアの基地局が被害を受けてネットが遮断されることが多かったですが、近年は、00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)をはじめ、災害時にWi-Fiスポットを無料開放するサービスが広まりつつあり、スマホによる情報収集や安否確認がしやすくなっています。

MEMO

00000JAPAN:無線LANビジネス推進連絡会(WiBiz)が提供する、大規模災害発生時、契約通信キャリアを問わず無料で利用できる災害用統一ネットワーク

家族などとの連絡や安否確認ができる

災害発生時に電話がつながりにくくなることは知られています。

災害発生時は、電話をかける人が急増して通信会社が確保している回線数を上回ることや、警察や消防の通信確保を優先する通信規制が行われることが原因です。

一方で、スマホからのネット利用は災害時でも障害が起きにくく、LINEやメール、SNSなどを利用して家族などとの連絡や安否確認がしやすいものです。

また、過去の災害発生時には、SNSを利用して救助要請や捜索依頼をするケースもありました。

デマや誤報に注意する必要はありますが、適切に使用すれば命を救ったり安心や安全を得たりできるツールとなります。

他の防災グッズの代わりになる

スマホは、標準機能に加え、アプリをダウンロードすることで様々な機能を追加することが可能であり、他の防災グッズの代わりに使用することができます。

例えば、ライト機能は懐中電灯の代わりになりますし、ラジオアプリをダウンロードすれば携帯ラジオがなくてもラジオを聴けます。

また、ハザードマップ、避難場所や避難経路もネットや防災アプリで閲覧可能です。

後述するとおり、スマホにはバッテリーの持ちに課題があるため、何でもかんでもスマホに頼るのは適切ではありませんが、備え忘れや故障時など「いざというとき」に役立ちます。

また、防災グッズが故障したときに「スマホで代用できる」と思って過剰に動揺せずに済むことが、被災時にはとても大切なことです。

災害時のスマホ活用に必要な3つのこと

災害時に様々な役割を果たし、被災者やその家族を支えるスマホですが、その有用性を十分に発揮するには、スマホ充電器を備えること、スマホの節電に努めること、防災アプリをダウンロードしておくことが欠かせません。

スマホ充電器を備える

スマホの大きな課題がバッテリーの持ちです。

スマホ登場当時と比較すると大幅に改善されましたが、それでもネットやアプリなどを継続使用していると、あっという間にバッテリーが尽きてしまいます。

そのため、防災グッズとしてスマホ充電器を備えることが大切です。

災害時に備えるスマホの充電器には、モバイルバッテリー、乾電池型充電器、手回し発電機、携帯型ソーラーパネルなどがありますが、いずれも長所と短所があるため、ニーズに応じて慎重に選択する必要があります。

  • モバイルバッテリー:フル充電できるが、あらかじめ充電しておく必要がある
  • 乾電池式充電器:電池があれば充電なしで使用できるが、容量が小さくフル充電は難しい
  • 手回し発電機:本体だけで使用できるが、充電に相当な時間と労力を要する
  • 携帯型ソーラーパネル:晴れると安定して充電できるが、曇りや雨だと使用できない

また、災害時におけるスマホの使用頻度の高さを考えると、少なくとも2つはスマホの充電手段を確保しておきたいところです。

スマホの充電器については、別の記事で詳しく解説しています。

「おすすめ防災グッズ」として紹介されがちな手回し発電機や携帯型ソーラーパネルが「実は使いにくい」ことや、モバイルバッテリーを備えるだけでは不安が残ることなど使用経験に基づいて書いているため、関心がある人は読んでみてください。

災害時のスマホ充電!スマホ充電器はソーラーより乾電池式が良い?

スマホの節電に努めること

スマホ充電器を備えることと同じく大切なのが、スマホの節電です。

スマホは、使い方次第でバッテリーの持ちが大きく変わります。

できる限りバッテリーを長持ちさせる使い方をすることで充電回数が減り、防災対策のためにスマホを長く使い続けることができます。

主な節電方法は、以下のとおりです。

  • 省電力モードをオン(iphoneは低電力モード)
  • 作動中の不要なアプリをオフ
  • 不要なアプリを削除
  • 自動ロックまでの時間を短縮
  • 画面の明るさを落とす
  • 位置情報サービスをオフ
  • アプリのプッシュ通知機能をオフ
  • ネットを使用しないときはWi-Fiをオフ
  • Bluetoothをオフ
  • バイブレーション機能をオフ
  • 操作音をオフ
  • 使用頻度を減らす
  • 使用後は手動スリープ
  • 節電アプリをダウンロード

スマホの節電については、別の記事で詳しく解説しています。

節電になるandroidスマホとiPhoneそれぞれの設定方法や使い方について具体的に書いているので、関心がある人は読んでみてください。

スマホの節電!スマホのバッテリーを長持ちさせる設定と節電アプリ

防災アプリをダウンロードしておく

防災アプリとは、災害関連情報の通知、避難所や避難経路の検索、家族の現在地の共有など、災害発生時に役立つ機能を備えたアプリです。

スマホやタブレットにダウンロードしておくことで、災害発生時やその前後で迅速かつ正確な防災情報を得たり、避難や安否確認に役立てたりすることができます。

スマホは、ネット環境があれば防災に役立つ多くの機能を発揮できますが、防災アプリを使用することでより有用性が高まります。

防災ブームの影響を受けて、たくさんの防災アプリがリリースされており、アプリごとに機能や対象とする災害が異なります。

そのため、事前にいくつかの防災アプリをダウンロードして使用し、使いやすさや住んでいる地域で予想される災害などを考慮して、防災対策として使用するアプリを決めておくことが大切です。

防災ノートでは、2019年1月現在、以下の防災アプリをおすすめしています。

  • Yahoo!防災速報
  • ゆれくるコール
  • わが家の防災ナビ

防災アプリについては、別の記事で詳しく解説しています。

私自身がスマホにダウンロードし、日本滞在中に使用しているアプリ(現在は使用していないアプリも含みます。)について書いているので、関心がある人は読んでみてください。

無料防災アプリのおすすめ5つ!Yahoo!やNHKアプリは便利?

【参考】