災害と気象警報・注意報

高潮とは?被害内容と高潮注意報・警報の発表基準、高波や津波との違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
高潮

スポンサーリンク

高潮は、台風などの影響で発生する自然現象です。

「高潮」というキーワードがテレビのニュースなどでたびたび登場するため、聞いたことくらいはある人は多いでしょう。

しかし、どのようなメカニズムで発生し、どのような被害をもたらすおそれがあるかなどを正確に理解している人は限られています。

「高潮と津波は同じ現象」、「高潮によって被害が及ぶことはない。」などと誤解している人も少なくありません。

この記事では、高潮とは、高潮がもたらす被害、高潮関連の気象警報とその発表基準、高波や津波との違いについて紹介します。

高潮とは

高潮とは、台風や発達した低気圧の影響で潮位(海面の水位)が大きく上昇する現象です。

潮位が堤防を超えて町へ浸入することにより深刻な水害が発生し、人的・物的に深刻な被害をもたらすことがあります。

高潮のメカニズム

高潮が発生するメカニズムは、「吸い上げ」と「吹き寄せ」という2つの効果によって説明されます。

吸い上げ効果

高潮 吸い上げ効果

出典:高潮はどうして起こるの?:海岸・国土交通省水管理・国土保全局

吸い上げ効果とは、台風などの影響で大気圧が低下するのに伴って、潮位が吸い上げられるように上昇する現象です。

台風や低気圧の中心は、周辺よりも気圧が低くなっています。

そのため、気圧の高い周辺の空気が海水を押し下げ、台風や低気圧の中心付近の空気が海水を吸い上げるように作用して、潮位が上昇します。

気圧が1hPa(ヘクトパスカル)下がるごとに、台風などの中心付近の潮位が約1cm上昇すると考えられています。

例えば、気圧が1000hPaだった海域へ台風(中心気圧900hPa)の台風が来ると、吸い上げ効果によって台風の中心付近の潮位が約1m上昇します。

吹き寄せ効果

吹き寄せ効果

出典:高潮はどうして起こるの?:海岸・国土交通省水管理・国土保全局

吹き寄せ効果とは、台風などの影響で強風が沖から海岸へ吹くことにより、海水が海岸に吹き寄せられて付近の潮位が上昇する現象です。

吹き寄せ効果による潮位の上昇は風速の2乗に比例します。

吹き寄せ効果による高潮は、遠浅の海など地形の影響を受けることで一段と潮位が上昇することもあります。

高潮による被害

堤防の高さを上回る高潮が発生して街中に大量の海水が浸入することにより、人的・物的に大きな被害が出ます。

溺死、押し流される、漂流物が衝突など
建物 住宅浸水、流出、損壊など
交通 道路・線路・滑走路の冠水、交通麻痺など
ライフライン 断水、停電、通信障害など

その他にも、第一次産業を中心とする産業への打撃、施設の損壊や火事など様々な被害が出ます。

高潮による被害の具体例

高潮によって大きな被害を受けた例としては、伊勢湾台風に伴う高潮によるものを挙げることができます。

昭和34年9月27日、伊勢湾台風の影響で最大潮位3.9mの高潮が発生し、死者・行方不明者が合計5098人、全壊・半壊した建物が合計15万1,973戸という甚大な被害が出ました。

高潮による被害を受けやすい地域

高潮の規模は、原因となる台風や低気圧の規模や進路の影響を受けます。

台風は、地上付近では地上から見て時計回りに強風が吹きこんでおり、台風の進行方向に向かって右側の半円部分は特に風が強くなっているため、高潮の規模も大きくなります。

また、以下の地形は、高潮が発生しやすいまたは潮位が高くなりやすいため、特に注意が必要です。

  • 湾口が南向き
  • 海抜ゼロメートル地帯
  • 海岸部の低地
  • 河口部
  • 湾の奥部
  • 急に海底が深くなる地形

高潮を警戒すべき時期

高潮を警戒すべき時期は、台風や発達した低気圧が接近している期間です。

また、高潮と満潮が重なった場合や、高潮で潮位が高くなった上に高波が発生した場合は、通常は波が届かない場所にまで波が押し寄せて大きな被害が出ることになります。

高潮に備える施設

高潮をの危険性が高い沿岸地域では、高潮被害を防ぐための施設が設置されています。

例えば、海岸堤防(防潮堤)、護岸、水門などが高潮への備えとして全国各地に作られています。

しかし、いずれの施設も設置費用、景観、海への行き来などを踏まえて作られているため、100%高潮を防ぐことができるとは限りません。

気象警報(高潮注意報、高潮警報、高潮特別警報)の発表基準

気象警報とは、気象災害や水害など重大な災害が発生するおそれがある場合に、気象庁が警告のために発表する情報です。

気象警報は、発生が予想される災害の危険性に応じて注意報、警報、特別警報という3つの段階が設定されています。

種類 発表基準
気象注意報 雨、風、雪などの現象によって災害が起こるおそれがある
気象警報 雨、風、雪などの現象によって「重大な」災害が起こるおそれがある
特別警報 雨、風、雪、地震、火山噴火、津波などの現象によって重大な災害が起こるおそれが著しく大きい

気象警報と気象注意報の発表基準は、各地域の過去の気象と災害発生の関係性を調査した上で、気象庁と各自治体が設定しており、地域によって異なります。

各地域の気象警報・気象注意報の発表基準は、気象庁|警報・注意報発表基準一覧表で確認できます。

また、全く同じ気象や災害は存在しませんし、防災技術は日々進歩して経験・知識・ノウハウも蓄積されているため、発表基準については頻繁に見直しが行われます。

高潮に関する気象警報

高潮に関しては、高潮注意報、高潮警報、高潮特別警報の3種類が設定されており、危険性に応じていずれかが発表されます。

種類 発表基準
高潮注意報 台風や低気圧等の影響で潮位が異常に上昇して災害が発生するおそれがある
高潮警報 台風や低気圧等の影響で潮位が異常に上昇して重大な災害が発生するおそれがある
高潮特別警報 数十年に一度の強さの台風や同程度の温帯低気圧で高潮が発生すると予想される

気象警報の発表

気象警報は、テレビやラジオのニュース、ネットニュース、防災アプリ、防災無線などを通して、避難に関する情報と共に一般市民へ伝達されます。

高潮と高波・津波との違い

高潮と混同されやすいのが高波と津波です。

スポンサーリンク

高波とは

高波とは、台風や発達した低気圧による強風の影響で発生する高い波(波浪)です。

気象庁の定義は「波浪注意報・警報対象になる程度高い波」であり、波高が高いだけでなく、被害をもたらす恐れがある波を指して使用されます。

気象庁や気象台は、各地域ごとに波浪注意報や波浪警報を発表する基準を定めていますが、全国的に統一された基準はありません。

関連記事

波浪の意味とは?高潮、高波、津波の原因と違い、波浪警報の発表基準

津波とは

津波とは、海底を震源域とする地震の影響で海底の地盤が隆起または陥没することにより、その上の海水が震源域を中心として四方に広がって陸地に押し寄せる現象です。

海底から海面までの海水が塊となって動くという膨大なエネルギーを持った波で、数十cmの津波でも人や物を飲み込んでしまいます。

高潮、高波、津波の違い

高潮、高波、津波の違いは、発生の原因、海水が動く範囲、波長にあります。

違い1:発生の原因

高波 台風などによる強風
高潮 台風などによる低気圧(吸い上げ)や強風(吹き寄せ)
津波 海底の地震

違い2:海水が動く範囲

高波 海面上のみの動き
高潮 海面自体が持ち上がる
津波 海水全体が動く

違い3:波長の違い

高波 数m~数百m
高潮 数m~数百m
津波 数km~数百km

津波は波長が非常に長く、海底から海面までの水の塊が一気に押し寄せ、膨大なエネルギーが長時間加わり続けます。

一方で、高波や高潮は波長が短く、一つひとつの波の力は小さく沿岸で砕け散ります。

【参考】

スポンサーリンク